テレビは「メディアの王様」ではなくなった

「00年代と10年代は、空気が大きく変わった」——『FNS歌謡祭』総合演出の浜崎綾さんはそう言います。「メディアの王様」ではなくなった中、テレビ番組の制作者の意識はどう変化してきたのでしょうか。
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす新刊『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

テレビ制作者の意識はどう変わったか

 ここまで書いてきた「フェス化する音楽番組」という論は、あくまで筆者の見立てだ。では、実際のところ、音楽番組の制作者側はどのように考えているのだろうか。

 それを探るべく、『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』の総合演出を手掛けるフジテレビ制作局第二制作センター所属のディレクター、浜崎綾に話を聞いた。

 「今考えると、00年代と10年代は、空気が大きく変わったと自分でも思うんです」

 そう浜崎は言う。音楽番組の制作者側にとっても、生放送の大型番組が拡大の一途を辿った10年代はそれ以前と全く違う状況が訪れた時代と捉えているようだ。
 浜崎は1981年生まれ。2004年にフジテレビに入社している。バンド活動に打ち込んだ学生時代を経て、入社以来、一貫して音楽番組の制作に携わってきた。

 「フジテレビの音楽班、『音組』と呼ばれているメンバーは、本当に音楽を愛している人たちの集まりなんです。そこに入ってまず気付いたのは、テレビの人間が実際に音まで作っているということ。
 『ミュージックフェア』も『FNS歌謡祭』も、ただカラオケの音源を納品されて歌うだけじゃなく、実際にその曲のアレンジや構成をどうするかまで考える。CDとは違う、テレビでしかできないバージョンにチャレンジしようという気持ちが強いんです。
 たとえばアーティスト同士のコラボをするときにも、それぞれのキーを考えて『こう歌って、こうハモったらどうか』みたいな話までする。これはフジテレビならではだと思うんですけれど、私がADとして入った時には、すでにそういう上司がいて、それが当たり前の環境で育ってきました」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

超大型音楽番組はなぜこんなに増えたのか?

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gakoara 私が動画共有サイトの中の人だった時、絶対 1年以上前 replyretweetfavorite

musevanreyback 「ここ数年、ヒットするものはSNSで拡散されるもの、シェアされるものになってきてます…今は 1年以上前 replyretweetfavorite

Flirting_navi ネット配信は好きなときに視聴できるのに対し、テレビは決まった時間に張り付く必要がある。この”テレビの使い勝手の悪さ”も大きいと思う。 1年以上前 replyretweetfavorite