バンド人気は「CD枚数」より「入場規制」で可視化される

10年代、サカナクション、ゲスの極み乙女。、KANA-BOON、[Alexandros]などフェスで人気を拡大し、テレビにも意欲的に出演するバンドが出てきた。彼らの人気を示す指標とは?
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす新刊『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

「入場規制」が人気のバロメーター

 フェスを起点に人気を拡大し、テレビにも意欲的に出演するようなバンドが出てきたのも10年代に入ってからだ。サカナクション、ゲスの極み乙女。、KANA-BOON、[Alexandros]などがその代表だ。

 印象的なのは、これらのバンドがテレビ番組で紹介される際、「フェスで入場規制」というフレーズが多用されること。たとえば『ミュージックステーション』(以下Mステ)に初出演する際の紹介VTRなどがそれにあたる。いまや「入場規制」がバンドの人気を示すキャッチフレーズになっているのだ。

 なぜフェスでは入場規制が起こるのか?
 なぜそれがキャッチコピーになり得るのか?

 その理由は、ほとんどのフェスが複数ステージ構成をとっていることにある。しかも、メインステージとそれ以外に明確な序列の差が存在する。特にロック・イン・ジャパンのような邦楽アーティスト主体のフェスでは、毎年繰り返し同じ場所でフェスが行われるため、アーティストがそこを「勝ち上がっていく」構図が可視化される。

 出演する側にとって、フェスはいわば戦いの場だ。デビューしたばかりの新人はまずキャパシティ(収容人数)の小さなステージに出演し、そこで喝采を浴びて観客を集めれば、次はより大きなステージにステップアップする。さらにその次はメインステージに立ち、ヘッドライナーを目指す。そうやって出演者がフェスの中で人気を獲得し、ブレイクしていく様子が可視化される。
 そして、その時に起きるのが「入場規制」という状況だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

フェスやライブが盛況の時代、「現場」にすべてがある!

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

natukusa 行列形成からの新刊完売するサークルは人気とか、ステージの違いは島中と壁みたいだなとか、同人誌即売会における人気サークルの可視化に似てるとこある。 1年以上前 replyretweetfavorite

OsamubinLaden フェスで入場規制されたら、次の年から出演料上がるのか?  1年以上前 replyretweetfavorite

pinks240 https://t.co/jmsXPQGS25 1年以上前 replyretweetfavorite

miky_e テレ朝がabemaTVと共にフェスの潮流を取り込みだした話。15年前音楽フェスを初めてネット生中継した身としては随分かかった印象も。 1年以上前 replyretweetfavorite