舌の感覚」を切り替える 【第2回】

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』がcakesで連載スタート! ミニマリズム、シェア、健康食志向……今、確実に起こりつつある価値観の変化。この流れはどこへ向かうのでしょうか?深い洞察をゆるやかな口調で語る、現代人必読の連載を火・木の週2回で公開します。
第2回のキーパーソンは幕内秀夫さん。今回も佐々木さんの美味しいレシピつきです。

「舌の感覚」を切り替える

 明子さん一家の住んでいる地域は、東京でも比較的豊かな街として知られていますが、現実には多くの母親ははたらいており、共働き家族がほとんどです。

「だいたい7割ぐらいのお母さんがはたらいてる感じだと思います。はたらいていない場合も、下の子が小さくて育児休業中だったりすることが多いかな。完全に専業主婦の方は、たぶん1割ぐらい」

 おまけに小学生の子どもを持っていると、PTAや習い事関係の用事も入ってきます。明子さんもPTAの役員を務めていて、毎月、会計の仕事に苦労しています。

 明子さんが結婚したのは、18歳のころでした。九州の地元で知り合った家入さんと結婚し、起業して会社をおこした夫と一緒に東京にやってきました。

 結婚してから夫のために料理をするようになったのですが、そのころは親子丼ぐらいしかつくれませんでした。東京に出てきて、幕内(まくうち)秀夫さんの『粗食のすすめ』(新潮社)という本を偶然に手に取る機会があり、感銘を受けます。

 幕内さんは、伝統的な和食を中心に家庭料理をつくっていこうと提唱されている食の評論家で、『粗食のすすめ』は社会的に大きな注目を集めた本です。家庭料理のカウンセリングもされていて、実はわたしも10年近く前に幕内さんのカウンセリングを受けたことがあります。家でどのようなものをつくり、食べれば良いのか? という個人的な疑問に対して、幕内さんのこのようなことばがいまもとても印象に残っています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジャーナリスト・佐々木俊尚が示す、今とこれからを「ゆるゆる」と生きるための羅針盤

そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚
アノニマ・スタジオ
2016-11-30

この連載について

初回を読む
そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』がcakesで連載スタート! ミニマリズム、シェア、健康食志向……今、確実に起こりつつある価値観の変化。この流れはどこへ向かうのでしょうか?深い洞察をゆるやかな口...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

saicolobe 最近食もできるだけシンプルでありたいと思っていた。粗食のすすめ、これはしっかり読もう。 12ヶ月前 replyretweetfavorite

HAL909 素材を味わう 12ヶ月前 replyretweetfavorite

sasakitoshinao 家庭で何を食べればいいんでしょう、という問いへの幕内秀夫さんの回答「カタカナではなくひらがなのものを。パスタじゃなくうどん。パンではなくご飯。サンドイッチじゃなくおにぎり」 12ヶ月前 replyretweetfavorite

consaba 佐々木俊尚 「明子さん一家の住んでいる地域は、東京でも比較的豊かな街として知られていますが、現実には多くの母親ははたらいており、共働き家族がほとんどです。」|そして、暮らしは共同体になる。 第2回 12ヶ月前 replyretweetfavorite