オンリーワンよりナンバーワン! なんでもオリンピック開催

世界で一番、一等賞のなにか。それは選ばれたアスリートや天才にしか許されない栄誉なのでしょうか。古見宇博士が、発明した『なんでもオリンピックあなた部門』は、そんな誰もが味わった絶望を払拭するのかもしれません、理論上は。

古見宇こみう博士
23歳男性。生後一週間でマクローリン展開をする。四歳でハーヴァードに入学。六歳で数学の博士号を取る。二十歳で万物理論を完成させたのち、「コミュニケーション」の発明を行う古見宇発明研究所を設立する。

ニケ
32歳女性、千葉県出身。古見宇研究所助手。好きなものは竹輪とGINZA。嫌いなものはセリーヌ・ディオン。「宇宙の解」を知って絶望していた博士に「コミュニケーション」という難題を与え、結果的に古見宇研究所の設立に繋げる。



 昼休みにつけていたラジオから、東京オリンピックの話題が聞こえてきた。

「オリンピック、楽しみだね」

 椅子に座ってコーヒーを飲んでいた博士が言った。

「え? 博士ってスポーツに興味あるんですか?」

 私はびっくりしてそう聞き返していた。博士とスポーツは、どう考えても交わらない気がする。

「もちろんだよ。ゴツい大人たちが全力疾走したり、小さな球を取り合ったりするんだ。とてもおもしろいよ」

「なんか普通と違う気もしますが……」

「そうなの? スポーツのおもしろさっていうのは、己を鍛え上げた者たちが、決められたルールに従って勝利するために人生をかけて戦うところにあるんじゃないの?」

「そう言われると、正しい気もしますね」

「そもそも、決められたルールに従って生きているのは僕たち一般人も同じなんだ。スポーツのプレイヤーは僕たちの日常を芸術の域まで高めているんだよ」

「ああ、そういう見方もありそうですね」

「ただ、オリンピックを見ていると、みんな一度は『あること』を考えるはずだ」

「なんですか?」

 博士は「簡単な話だよ」と言った。

「『私も金メダルが取りたい!』という願望さ」

「えー?」

「ニケ君は考えたことないの?」

「いや、たしかに金メダルは欲しいですけど、無理ですよ。才能もないし、努力もしてないし」

「そうかな? 大工は家を建てるプロだし、コックは料理のプロだし、小学生はくだらないことで笑うプロだ。問題は、その才能を活かすオリンピックの種目がたまたま存在していないだけで、誰だって何かの才能はあるし、何かの努力はしていると思うけど。不公平な話じゃないか」

「そうですかね……」

「人生は人それぞれまったく異なるものなんだから、みんな何かで一番になれるのさ」

「『オンリーワン』ってやつですか?」

「違うよ。みんな何かの『ナンバーワン』なんだ」

「うーん、そういうもんですかねえ」

 少し考えて見たけれど、どう考えても自分がオリンピックで優勝できるとは思えなかった。なんの取り柄もなかったし、何かに他の誰よりも努力したことだってなかった。

「そういうものなんだよ」

 博士はそう言って、懐から透明のメダルのようなものを取りだして自分の首にかけた。

「なんですか、それ?」

「この『なんでもオリンピックあなた部門』を使えば、ニケ君だってオリンピックで戦えるってことがわかってもらえるはずさ」

「えええ!? 私がオリンピックですか?」

「人間ならば、誰しもオリンピックで優勝したいはず。でも、なかなかそうもいかない」

「そうですね」

「普通の人々が『オンリーワン』などという戯言に自尊心を満たしてもらう時代はもう終わったんだ。結局のところ人々は何かで『ナンバーワン』になりたいのさ」

「なれるんなら、もちろんなりたいですけど……」

「いいかい、どんな人だって、世界1位の要素を持っている。この『なんでもオリンピック』は、地球上のあらゆるデータから対象の人生を分析して、その人が優勝したり上位にランクインできるオリンピックの種目を考えだしてくれて、その種目のメダルに変身するんだ。この発明を使えば、誰だってオリンピックで金メダルが取れるよ」

「え? もしかして、私でも金メダルを取れるんですか?」

「ああ。もちろん。ニケ君だって、何かの分野では世界1位のはずだ。この発明品がその内容を教えてくれるのさ」

「すぐに使わせてください!」

 私は立ち上がって博士のところへ向かい、首にかけてあった『なんでもオリンピック』の起動ボタンを押した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SF新世代の俊英が、圧倒的リアルさで抉り出した6つの物語

この連載について

初回を読む
古見宇博士の珍奇な発明

小川哲

二十歳で「宇宙の解」を知って生きる気力を失った大天才、古見宇(こみう)博士。そんな彼が絶望の果に見出した謎は「人間関係」でした。まだ誰も光を当てていない種類の「コミュニケーション」に関する発明品を作ることに生きがいを見出し、古見宇発明...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hanae_kiryuin 女性の近代五種は「買い物」「お喋り」「カフェ」「ランチ」「内緒話」ですね。みんな良い成績を残せます。 3年以上前 replyretweetfavorite