考えが浮かばないのは、「問い」が悪いせい? 考えるための3つの方法論

前回、集中して「考え続ける」ためのポイントして、「飽きたらすぐやめる」を挙げた石川善樹さん。それに加えてもう1つ、重要なポイントがあるそうです。それは、「考えるための方法論を見つける」ということ。そもそも考える、とはどういうことなのでしょうか。考えるのが上手な人と下手な人の差や、今の時代に必要な「大局観」にたどりつくための方法についても教えていただきました。(聞き手:加藤貞顕)


左:西本真寛さん、右:石川善樹さん

考えが浮かばないのは、「問い」が悪いから

石川善樹(以下、石川) 前回、ゾーンに入って考え続けるためには、「飽きたらすぐやめる」ことが重要だというお話をしました。もう一つ、考え続けるために重要なことがあります。それは、「考えるための方法論を見つける」ということです。ゾーンに入り続けるには「即時のフィードバック」を得ることが大事なんですが、考えるための方法論がないと「果たして自分はちゃんと考えているのかどうか」フィードバックがかかりにくいんです。ゾーンという言葉が主にスポーツの世界で使われてきたのは、スポーツはゾーンに入ったかどうかがわかりやすいからなんです。

— スポーツは動きが決まってますもんね。

石川 そう、単純な動作を精度高くやるという状況では、ゾーンに入ったかどうかわかりやすいんです。それに比べると、考えるという行為は自由度が高く、やり方が決まっていない人が多い。そもそも「考える」とはどういうことか、考えたことがある人っているんでしょうか。加藤さん、どうでしょう?

— うーん……たしかに、説明できないですね。

石川 だから上司が部下に「もっと考えろ」というのは、適切な指示になってないんですよ。「世界を平和にしてこい」というのと同じです(笑)。

— やり方がわからないですもんね(笑)。では、考えるとは何なんでしょうか。

石川 うーん、何でしょうか?(笑)ただ、考えてみて思考が止まる時は、問いが大きすぎる、抽象的すぎることが多いです。僕ら研究者は、疑問が浮かんで、考えはじめて5秒間何も思いつかなかったら、だいたい問いが悪いと考えます。

— 5秒! 考えが浮かばないのは、自分の頭が悪いせいじゃないんですね。

石川 そうです。だから5秒間何も思いつかなかったら、考えやすいように問いを分割するんです。分割する方法はいくつかありますが、まず、メジャーなのはこれですね。①前例のない挑戦なのか、②考えつくされた領域なのか。このどちらなのかによって、考え方のプロセスが大きく変わってきます。

— たとえば、「ヒットするコンテンツとは何か」というのは考えつくされた領域の方ですよね。

石川 そうですね。逆に「火星に行くにはどうしたらいいか」というのは前例のない挑戦だと思います。これって、縦軸に「思考の自由度」をとると、前例のない挑戦は自由度が高く、考えつくされた領域は低くなります。

— 前例のない挑戦はPrimitiveで、考えつくされた領域はComplexなんですね。

石川 だいたい物事は、Primitive(原始的)なものから、Complex(複雑)なものに変わっていくんですよ。これは進化論的な考え方ですが。そして、縦軸に情報量をとると、考えつくされた領域の方が指数関数的に上がります。

— これは、感覚的にわかりますね。

石川 問いを、前例のない挑戦(Primitive)、中間、考えつくされた領域(Complex)の3つに分けると、それぞれ必要とされる思考形式が違ってくるんです。



— へぇ! こんなふうに分類できるなんて、考えたことありませんでした。

石川 Primitiveな状況は情報も手がかりもほとんどありません。なので、ここは「直感」を使うしかない。直感というのは好き嫌いに基づく判断です。漫画などの創作物をゼロから生み出す時はここだと思います。

— たしかに、クリエイティブなものって、自分の「好き」が出発点になりますね。

石川 PrimitiveとComplexの中間は、一番よくある問いですね。ここは「論理」を使って考えるところ。世界の研究者が考えている問いも、基本的にここです。順序立てた仮定によって結論を導き出す演繹法か、数多くのデータを集めることで結果を導く帰納法などを使って考えます。

— 学校で習った記憶があります。

石川 そして、Complexな問いについては「大局観」を使います。わかりやすく言うと、全体を見て構造を発見するということですね。

— 大局観といわれると、将棋を連想します。

石川 そう、僕はこの分類を、羽生善治さんの言葉からヒントを得て考えたんです。彼は将棋の思考を、直感と読みと大局観だといっていました。若い頃は、読みの力が強いけれど、年をとると直感や大局観を使うようになると。

— 言葉だけ聞くと、直感と大局観は近いように思えるのですが……。

石川 この2つは違うんですよね。直感は好き嫌いに基づいていて、大局観はすでにあるものの構造を発見する思考なんです。

— ああ、ロジックの果てにあるのが大局観なんですね。

昭和は「論理」の時代、そして今は「大局観」の時代

石川 そうです。そして、この3つにはそれぞれ間逆なものがあります。

直感に対しては「ひらめき」。

— えっ! 直感とひらめきは違うんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それ、科学的に教えてもらえませんか?

石川善樹

予防医学研究者であり、論文を読むのが趣味という石川善樹さんは、cakesを運営するピースオブケイクに遊びにくると、最新科学のさまざまなトピックについて熱く語ってくれます。その話があまりにも面白いので、いっそのこと連載にしようということ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hanachandev1 Check out " (via @pocket) 10日前 replyretweetfavorite

yuji_blfd 人間の脳は、三次元以上のことを考えられない。だから、物事を構造化するには2軸で十分なのかなと。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

makipom_ @makipom_ なのでこういう、考え方や問いの立て方を自分の言葉で語れる方の記事を読むと素直に凄いと思います。 https://t.co/CGTIeTy38s 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

byusjp "考えてみて思考が止まる時は、問いが大きすぎる、抽象的すぎることが多いです。僕ら研究者は、疑問が..." via @yuji_blfd https://t.co/UnBVbTb4xq https://t.co/a4AeUlqeLl #highlite 2ヶ月前 replyretweetfavorite