慶應三田会

第41回】若い世代に薄い帰属意識 強者故に弱まる起業家精神(前編)

慶應義塾出身者たちは確かにビジネス界で活躍している。三田会は圧倒的パワーを誇っている。しかし、その強者は懸念を内包している。

 電柱に張られたクリニックの広告が目に飛び込んだ50代の慶應義塾卒ビジネスマンは「ああ、慶應卒の医者なのか」と独りごちた。その広告に慶應卒の文字はないが、慶應の塾旗と同じ赤と青が配色されている。これが慶應卒というメッセージとなっている。「慶應カラーを目にすると本能が反応しちゃうんだよね」と幼稚舎時代から染み付いた愛塾心をのぞかせる。親も慶應、息子も慶應。幼稚舎時代からの友人が多い。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
慶應三田会

週刊ダイヤモンド

慶應義塾のOB組織である「三田会」。トップ人事や業界再編の内幕を知ると、慶應人脈につながることが少なくない。日本経済の裏に三田会あり。なぜ彼らは圧倒的なパワーを持つのか。知られざる三田会の全貌に迫る。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません