ギャルの彼女が指を絡ませてきたあの日

「やれたかもしれない夜を照らせるのは、唯一、やれたかもしれないという光だけ」ーー今回の「やれたかも」は高校デビューを果たした青年・澤部のお話です。高一の夏、中学のときの地味めな友だちに誘われて行った夏祭り。そこに現れた女の子はまさかのギャルでした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やれたかも委員会

吉田 貴司

あのとき、もしかしたら、あの子とやれてたかもしれない……。男たちのそんな「やれたかも」を、「やれたかも委員会」が判定します。漫画家・吉田貴司さんが描く、切なくも可笑しい話題作! やれたかもしれなかった夜は、人生の宝です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

juniordm97 cっxfsぜ https://t.co/ZfsCeB52G9 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

kenken8nirvana ワタナベに読んでほしいなこれわら https://t.co/yB1Spx0jm6 4ヶ月前 replyretweetfavorite

shigeru_9 @asuyakono それアレだ。おれが「やれたかも委員会」有料になって、お金払うほどかと言われると微妙って感覚と全く同じだ。多分。 https://t.co/A5Mhx0nQzB 5ヶ月前 replyretweetfavorite

yu1096 NowBrowsing: 5ヶ月前 replyretweetfavorite