慶應三田会

第37回】小泉改革の裏にも慶應あり 政界で早稲田を凌ぐ三田会

慶應卒議員が政界で力を増している。構造改革で大ナタを振るった小泉政権の陰で慶應関係者が深く関わっており、かつての、早稲田=政治、慶應=財界の構図が崩れつつある。

 その数83人──。現在、国会議員に占める慶應義塾大学の卒業生は、東京大学の136人に次ぎ2番目に多い。

 かつては、竹下登や小渕恵三など、数多くの首相を輩出した早稲田大学が政治家輩出校として大きな存在感を示していた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
慶應三田会

週刊ダイヤモンド

慶應義塾のOB組織である「三田会」。トップ人事や業界再編の内幕を知ると、慶應人脈につながることが少なくない。日本経済の裏に三田会あり。なぜ彼らは圧倒的なパワーを持つのか。知られざる三田会の全貌に迫る。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません