慶應三田会

第33回】銀座に溢れる三田会旦那衆 慶應で子弟を育てる街の流儀(前編)

世界的な商業地である東京・銀座。ここに会社や店を構える旦那衆たちは好んで子弟を慶應に通わせる。故に、銀座で注目の不動産取引において、三田会関係者が影響力を発揮する。

 「真二が1000万円だったから、私は遠慮して800万円にしておいたの」──。おいの服部真二・セイコーホールディングス(HD)会長を養子にしたセイコーHD元名誉会長の故服部禮次郎の妻、悦子は、三田会への自身の寄付金額について、こう話したことがあった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
慶應三田会

週刊ダイヤモンド

慶應義塾のOB組織である「三田会」。トップ人事や業界再編の内幕を知ると、慶應人脈につながることが少なくない。日本経済の裏に三田会あり。なぜ彼らは圧倒的なパワーを持つのか。知られざる三田会の全貌に迫る。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません