不倫の泥沼から抜け出せない!可哀想な私を守って病【前編】

ドブメディのマーケティング部で働く泥沼倫子(ドロヌマ・リンコ)さん31歳は、同じ部署の緩井(ユルイ)課長と不倫をしていました。このままではいけないとわかっているけど、やめられない……。彼女が密会後にホテル街を歩いていると、占い師から突然「あなたは『社会人可哀想な私を守って病』にかかっている」と告げられて……?

ここは東京、西新宿。

医療器具メーカー・ドブ板メディカル株式会社のマーケティング部に、泥沼倫子(ドロヌマ・リンコ)という、今年32歳になる、ちょっと色気のある女性がおりました。

緩井(ユルイ)課長「泥沼さん、このあとちょっと打ち合わせいいかな」

泥沼さん「あ、はい。わかりました」

とクールに返す泥沼さんですが、実はこの泥沼さん……マーケティング部の口元のゆるい感じの緩井課長(42歳)と

絶賛泥沼社内不倫中

だったのです。

こんな関係になって半年……。 今のところ誰にも気づかれずに関係を続けてきました。 しかし、泥沼さんも32歳、結婚のことを考えると、いつまでもこんなことを続けている場合ではありません。

だがしかし、だがしかし

″妻とは別れるから″

そう言ってくれる彼の背中から離れることができません。 今日も打ち合わせという名の「外での密会」を終え、 緩井課長と時間をずらしてラブホから出る泥沼さんの姿がありました。

ラブホ街を一人歩きながら泥沼さんは、深いため息をつきました。

こんな関係はやめなきゃいけない……。 でも彼は奥さんと別れるって言ってくれてるし……。 こんな関係になったおかげで、課長は仕事でも色々融通きかしてくれるし、 こないだなんて企画が採用されて社長賞取っちゃうし……。

ぶっちゃけ、この関係が不倫であるということ以外は、 泥沼さんにとってはおいしいところばかりで、 この関係をやめる理由は1ミリもありませんでした。

泥沼さん「でも、会社で枕営業してるってばれたら死ねる……」

そう泥沼さんが深いため息をついたその時でした。

???「そこのお嬢さん」

と、路上の占い師に声をかけられました。

占い師「お悩み事があるようですね。その悩みはずばり『男』」

と小鹿のような目をしたその女性占い師は、台の上に置いてある水晶玉を眺めながらそう言いました。

占い師「しかもだたならぬ関係ですね……これは……不倫、不倫の香りがしますね」

泥沼さん「!?!?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Dr.ずんずんの社会人お悩みクリニック

ずんずん

自分の会社に不満を抱えている青年、出来内陽太(デキナイ・ヨウタ)。「こんな会社もうやめたい」と日々愚痴っている陽太の前に現れたのは、「産業メンヘラ医」を名乗る謎の女で……!? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

zunzun428 今週のケイクスもよろしくお願いいたします☺️✨ https://t.co/uEz2mE24Yk 10ヶ月前 replyretweetfavorite

nananagai_jp ずんずん先生はある時は占い師なのですね 10ヶ月前 replyretweetfavorite

NeXTSTEP2OSX “社会人可哀想な私を守って病” これね 10ヶ月前 replyretweetfavorite

oza_shu 今婚期を致命的に逃す!!! 10ヶ月前 replyretweetfavorite