慶應三田会

第27回】福澤諭吉の子孫が語る慶應の精神と強さの秘密

慶應義塾には、日本近代化の旗手である福澤諭吉の建学の精神が150年以上の長きにわたって連綿と受け継がれている。経済界などで活躍する人材を輩出し続ける慶應の強さの源泉といえるこれら精神などについて、諭吉のひ孫に当たる福澤武(三菱地所名誉顧問)が語る。

──福澤諭吉が目指し、慶應義塾に求めたこととは何だったのでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
慶應三田会

週刊ダイヤモンド

慶應義塾のOB組織である「三田会」。トップ人事や業界再編の内幕を知ると、慶應人脈につながることが少なくない。日本経済の裏に三田会あり。なぜ彼らは圧倒的なパワーを持つのか。知られざる三田会の全貌に迫る。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません