慶應三田会

第26回】最強の歴史 こうして王国は築かれた(後編)

慶應義塾はなぜ財閥、財界に強いのか。歴史をひもとけば、慶應の創設者である福澤諭吉の時代から、その人脈はつながっていた。三菱、三井という二大財閥を舞台に、慶應王国が築かれた軌跡を追った。

先駆者からあしき門閥へ?
慶應の“自家撞着”

 三菱、三井の例を見れば、巨大財閥の慶應閥がいかに勢力を拡大したかが分かる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
慶應三田会

週刊ダイヤモンド

慶應義塾のOB組織である「三田会」。トップ人事や業界再編の内幕を知ると、慶應人脈につながることが少なくない。日本経済の裏に三田会あり。なぜ彼らは圧倒的なパワーを持つのか。知られざる三田会の全貌に迫る。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません