メンヘラはなぜリストカットしたのか

自傷行為とは、爪を噛む、髪の毛を抜く、リストカットなど、意図的に自らの身体を傷つけること。致死性が低い点で自殺とは異なる。「平成23年度保健室利用状況に関する調査報告書」によると、小学校の5%、中学校の65%、高校の80%の学校で、自傷行為の存在がみられる。
ことリストカットの場合、抑うつ気分、希望のなさ、周囲や社会への失望や怒りなどを本人は感じているという。なお、なぜリストカットをするのか、その原因は人によってまったく異なる。

ニュートンが発見した万有引力により、りんごだけでなくスカイツリーもわたしもパソコンも車も宙に浮かない。今日もしっかりと引力によって地球に、ひっぱられている。

メンヘラだった頃のわたしにとって、リストカットというのは万有引力並に相手を引っぱり続けられるものだと思っていた。深夜でも、相手が遠い場所にいても仕事中でも、「いま切った」と連絡したら絶対にかけつけてくれる、ものすごい引力があると思っていた。
ケプラーの法則により「引力」の大きさは惑星の質量に比例すると導き出されているらしいが、メンヘラ引力の大きさは「ツラさ」の質量に比例すると信じていた。

つまり。 わたしが、ツラければツラいほど、相手は離れていかない。わたしがツラければツラいほど、相手はわたしに引き寄せられるのだと。

あの頃の私にとって、それは切り札。最大レベルのツラみ印籠がリストカットだった。

リスカ初夜のこと

はじめて切った日は、ただただ抑えきれない衝動に駆られてのことだった。
なんだかそのころ数週間、地層のようにツラみが積もりに積もっており、ひとつのツラみ惑星と化していたわたしは、じぶんの宇宙内でビックバンを起こしたい衝動に駆られていた。 それは腸に重ね重ねたまった便を排泄したい気持ちとほとんど近く、たまりにためこんだすべてを解放したい、という気持ちだった。友人にリスカ常習者がいたからかその解放手段にリスカが適していると信じていた。

深夜ひとりの部屋で、頭が朦朧とするなか、数日前から用意していたカッターナイフでいざ手首からすこし下をじりじりと数センチ、カットしたわたしは、痛みの少なさに妙におどろき「こんなハードル低いんだ」と思った。 一方で心臓の音はドクンドクンとおおきく脳内に響き、頭の中全体がしびれて揺れていて、グラングランと船酔いしそうだった。体感したことのない緊張や興奮のなかにいた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メンヘラ・ハッピー・ホーム

スイスイ

“メンヘラ”とは、もともと「心の病を患った人」を指すネットスラングです。でも今ではすっかりカジュアルに偏在しつつある“メンヘラ”。その樹海から脱け出したスイスイさんが、我が身を振り返りながら、今さら聞けないメンヘラの基礎の基礎、そして...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

CafeLte @SuRuMelkq @HuffPostJapan 俺がおらんからって気をつけろよhttps://t.co/cvyeovsfYc 3年弱前 replyretweetfavorite

chiisanaehon "もしも会社でも学校でもツラいと一言も誰にも口に出せない場合、その傷はもしかすると、誰かへのモールス信号になってくれるかもしれない。 " https://t.co/sjfo9c39Rj 約3年前 replyretweetfavorite

sizukanarudon スイスイ@suisuiayaka https://t.co/eA1O24YWMO 宇宙でひとりきりみたいな気分でも、発したモールス信号は、ちゃんと誰かにとどくんだ。 そう気付けただけで安心した。… https://t.co/cwxvGqZ5rq 約3年前 replyretweetfavorite

suisuiayaka 一年に一回飛べるサイクル、、恐! 笑 約3年前 replyretweetfavorite