桜ノ雨

第8回 春 音浜高校一年 鈴(リン)

鈴の初舞台になる音楽祭はなんとたった1ヵ月後!厳しい練習のなか、仲間たちとの絆も深まっていく…。

ボーカロイド楽曲の名曲「桜ノ雨」を原作にしたノベル第2弾『桜ノ雨 僕らが巡り逢えた奇跡』の発売を記念して、第1弾ノベル『桜ノ雨』の一部を公開します。



 音楽祭には、ソプラノ・アルト・テノール・バスという各音域から構成される混声四部合唱と呼ばれる形式で出場する。アタシとめぐはソプラノで、蓮はテノールだ。
 今までは先輩たちと一緒に歌っていたから、自分の声も意外といけるじゃん、なんて勘違いしていた。
だけど、新入生だけで歌ってみたら、それは聴いていて頼りないくらいに未熟な合唱だった。
 音楽室のピアノを囲むようにならぶ部員たち。中央の机に置かれたラジカセからは、録音されたアタシたちだけの合唱が流れている。
 ぴ、と芽依子先生がラジカセの再生を止めると、何とも言えない沈黙がただよった。
 自分の歌声ってこんなだったっけ。
 伸びやかで瑞々しい先輩たちの声と違って、新入生たちの声は頼りなく貧弱に感じられた。どうしよう、これじゃあ合唱っていうよりただのカラオケだ。ほかのパートと溶け合ってないし、声が全然響いてこない。
 こんな歌、人前で歌うなんてできっこない。
「まず、落ち込まないこと」
 と、前置きしてハル先輩が話しはじめる。
「毎年のことだし、未来の世代はもっとひどかったし」
「そ、そうでしたっけ?」
 未来先輩がとぼけるように言った。
—それを踏まえた上で、改善点を探っていこう」
 はい、と新入生たちが元気に返事をする。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
桜ノ雨

スタジオ・ハードデラックス /藤田遼 /halyosy

「初音ミクたちが学園生活をしていたら――」 230万超の動画再生回数を誇るボーカロイド楽曲『桜ノ雨』のノベル化第2弾『桜ノ雨 僕らが巡り逢えた奇跡』が発売中!cakesでは、前作『桜ノ雨』の一部をご紹介します。(月・木更新) ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

PHPcomix 現在cakes(ケイクス)では、『桜ノ雨』 5年弱前 replyretweetfavorite