フェル先生のさわやか人生相談

整形費用のために風俗嬢をやめられません【第204回目】

だめだだめだとわかっていても、一度始めてしまったことはなかなかやめられないもの。今回の相談者は、風俗で働いたお金を自身の整形費用につぎ込んでいるとのこと。20代半ばを超え風俗嬢であることに限界を感じ始めている彼女の相談に、フェル先生はどのように答えるのでしょうか?

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。辛辣な回答も受け入れられる勇気のある方、フェル先生に叱咤激励されたい方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

風俗で働くのを辞めたいけれど……。

フェル先生こんにちは。いつも楽しく読んでいます。私は26歳の会社員です。
本当にお恥ずかしい限りなのですが、風俗店勤務をやめられません。

風俗嬢は大学生のころからやっており、ピンサロからスタートし、今ではソープで働いています。それなりに人気があったので、一時期は月100万以上稼いでいました。 今の月収はおよそ、 昼職:17万(手取り)風俗:40万です。

風俗でのお仕事は、昼職での労働時間よりも短くて、高い給料が入ります。この大金を手っ取り早く手に入れてしまう楽さに慣れてしまい、昼職が億劫になってしまいます。とはいえ風俗嬢は消費期限の短いお仕事です。現役女子大生だった頃よりも、稼げる額が減ってきているのを、如実に体感しております。なので風俗にしがみつかず、昼職一本で生活できるように金銭感覚を戻さなくてはならないのですが、どうしてもお金がほしくて風俗に出勤してしまいます。

稼いだお金は美容のために使います。かつて、外見に気を使っていなかった頃よりも、カスタムした今のほうがいろいろと生きやすくなりました。男性も女性も私への態度が優しくなり、パーティなどに連れて行ってくれる機会も増えました。もう整形はやめよう……と毎回思いますが、老化に抗うためにはこれまで以上にお金が必要です。これ以上、ブサイクであることの不利益を被るのは嫌です。世間はブサイクには冷たいと思います。

一時期は株や不動産などの不労所得でお金を補おうとしましたが、調べれば調べるほど難しい世界で諦めてしまいました。

今後、風俗でも価値が下がっていくのにお金はより一層必要になってきます。ですが、そろそろ風俗嬢をやめなくては……とも心の底では思っています。フェル先生、私は今後どうすればいいのでしょうか?

(26歳・女性・事務職)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

女優・橋本マナミさんとのスペシャル対談も収録で、ついに書籍化!

フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ
トランスワールドジャパン
2017-11-27

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takaminefujiko 優しいフェル先生☆米袋はビニール製ではなかったんですね。なかなかシックでいい感じです 3年以上前 replyretweetfavorite