FNS歌謡祭も紅白も「フェス化」している

東日本大震災後に地上波テレビで「超大型音楽番組」が増えていきました。しかし、それだけが増加の理由ではありません。もう一つの理由とは何でしょうか?
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす新刊『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

各局で超大型音楽番組が拡大中

 フジテレビも2011年の震災直後に音楽特別番組を放送している。そのアクションはとても早かった。
 3月11日から2週間後の3月27日には、チャリティ番組『FNS音楽特別番組「上を向いて歩こう」─うたでひとつになろう日本─』がフジテレビ系列の全国各局とニッポン放送を介したAMラジオにて同時放送されている。

 3時間の生放送に計27組のアーティストが出演した番組について、プロデューサーのきくち伸は『TV LIFE』誌の連載「KIKCHY FACTORY」にこう記している。

 アーティストがツイッターでつぶやいてるよな言葉をもっと広くテレビで生で届けよう。今届けるべきうたを生で届けよう。これが岩手出身の私がテレビで音楽でできることと思い込んで。
(中略)
 帰り際、エレベーターへ向かう廊下でのスガシカオさんの言葉 「うたうことよりも前に、先ずこの場に来る覚悟を問われた」
 そう。音楽もテレビも、エンタティンメントは今、覚悟を問われてる。(『TV LIFE』2011年4月29日号)

 スガシカオが言うように、まだ被災地の傷跡も生々しかった当時、テレビで歌をうたうことにはある種の覚悟が必要だっただろう。番組制作者側にとっても生半可な気持ちでやれるようなものではなかったはずだ。
 が、振り返ると、やはり2011年はとても大きな一年となった。『音楽の日』も含め、震災後にどうアクションを起こしたかが、テレビと音楽の歴史における一つのターニングポイントになった。

(PHOTO: Getty Images)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

10年代、テレビの役割はどう変化したのか?

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

k_sato_oo 「音楽もテレビも、エンタティンメントは今、覚悟を問われてる」。『ヒットの崩壊』を読んで、音楽番組の見方が変わったという感想がちらほらあって嬉しい。 2年弱前 replyretweetfavorite

co_jit 1件のコメント https://t.co/Ta3c9Hp8mb 2年弱前 replyretweetfavorite

co_jit 1件のコメント https://t.co/Ta3c9Hp8mb 2年弱前 replyretweetfavorite