ゼロ年代、カラオケランキングに訪れた「異変」

オリコンやビルボード、iTunes……音楽に関して様々なランキングが存在します。それら複数を確認しないと流行が見えづらい現在、カラオケランキングにはどんな曲が上位なのでしょうか?
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす新刊『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

カラオケから見える10年代の流行歌

 現在、信頼できる指標はどこにあるのか? 筆者はカラオケのランキングに一つのヒントがあると考えている。実際に人々がその曲を歌った回数を並べたチャートだ。

 株式会社エクシングは、同社が運営するカラオケ「JOUYSOUND」で歌唱された楽曲の回数に基づいて集計した年間ランキングを発表している。5年にわたってその総合ランキングTOP5を見ていくと、流行歌の真相が見えてくる。

 1位となっているのは「ヘビーローテーション」「女々しくて」「Let It Go〜ありのままで〜」「ひまわりの約束」。オリコンともビルボードとも全く違う結果だ。
 興味深いのは、AKB48の数々のヒット曲のうちでも「会いたかった」と「ヘビーローテーション」と「恋するフォーチュンクッキー」の3曲はカラオケでも上位にランクインしているということ。
 どれも年間シングルランキングでは1位となっていない曲だが、AKB48に関して言えば、幅広い層まで広がった「本当のヒット曲」はこの3曲だったと言って差し支えないのではないだろうか。

 一方、嵐の名前が見当たらないというのも興味深い。詳細なデータを見ても、嵐の楽曲はどの年でもTOP20圏外となっている。国民的アイドルグループとして君臨する嵐だが、その人気に比べると彼らの楽曲自体がカラオケで歌われているわけではない、ということがわかる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

宇多田、SMAP、ピコ太郎…2016年の振り返りに向けて

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

consaba 「過去に発売された曲がランクを上げていく現象が起きること自体が、それまでと歌唱の傾向が変わってきたことの象徴だと思います」 #ss954 2年弱前 replyretweetfavorite

hacosato カラオケのランキング、定番化の中でも『女々しくて』が圏外になったり、ちゃんと新陳代謝してるから仔細に見るとおもしろいよ。2016年のももう出てるのでみなさんもぜひ! https://t.co/R7RCND5DqZ 2年弱前 replyretweetfavorite

kenji_supernova なるほどねー、この視点は無かったなー。 https://t.co/0dscX4nbLj 2年弱前 replyretweetfavorite

shiba710 “カラオケランキング上位の並びから見えてくるのは、流行やその年の世相ばかりではない。 むしろ、そこにあるのはJ-POP人気曲の「定番化」とも言える現象だ。” 2年弱前 replyretweetfavorite