慶應三田会

第20回】海外転勤先にも現地三田会 ゴルフ早慶戦で盛り上がる!(後編)

三田会があるのは、国内だけではない。世界各地に点在し在留OBの“生活インフラ”の一つとなっている。仕事にまつわる親睦から生活情報の交換、中には就職の支援まで行う会もある。

日本企業とのパイプを生かし就職支援も行う

 海外での三田会活動を通じて人生が大きく変わった人もいる。

 ベストウエスタンプレミアソウルガーデンホテルで海外販促支配人を務める山口禮子は1990年に文学部を卒業し、韓国の延世大学に留学。顔を出したソウル三田会の場で、ベストウエスタングループ会長の李一揆に出会った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
慶應三田会

週刊ダイヤモンド

慶應義塾のOB組織である「三田会」。トップ人事や業界再編の内幕を知ると、慶應人脈につながることが少なくない。日本経済の裏に三田会あり。なぜ彼らは圧倒的なパワーを持つのか。知られざる三田会の全貌に迫る。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません