ホワイト企業の探し方(2)

日本ではブラック企業のことは話題になりますが、ホワイト企業に関しては語られることが多くありません。しかしサラリーマンが知りたいのは「どこがホワイトな職場なのか?」ではないでしょうか? 海外経験豊富で、イギリスと日本を往復する生活を送る元国連専門機関職員の @May_Roma(めいろま)さんが、ホワイト企業の探し方を解説するシリーズ2回目です。

今回は前回のコラムの続きです。日本ではブラック企業が騒がれることが多いですが、じゃあ、その反対のホワイト企業はどうやって探せばいいのか?

このコラムでは私が今まで見聞きしたこと、自分が体験したことを元に、そのコツを考えてみたいと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Yuko_Kaba 1社目がニッチな分析機器メーカーだったけどまさにここに書かれている 8ヶ月前 replyretweetfavorite

otuka_T 就活中に読みたかった記事。プ◯ジデントとかにもこういう記事のっければ日本が良くなると思うのだけどなあ 8ヶ月前 replyretweetfavorite

chibio6 派手ではないけれど社会に必要とされ、安定した生活が送れる、そんな会社ばかりになるといいのに。 8ヶ月前 replyretweetfavorite

taka_iwa1021 ランチに似た感じで、18時から居酒屋に入り浸るサラリーマンが多いかどうかもポイントになりそう。その輪の中に入りたいかどうかも大事。> 8ヶ月前 replyretweetfavorite