​15歳年下の男の子

林伸次さんのお店・bar bossaに久々にいらっしゃった女性のお客様。林さんに「私くらいの年齢ってどれくらいの年下の子まで好きになっていいと思います?」と問いかけます。これをきっかけに始まる彼女の物語。みなさんは、どう感じるでしょうか?

「どれくらいの年下の子まで好きになっていいと思います?」

「いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ」

「お久しぶりです」

「あ、松山さん。どうぞ、よろしければカウンター空いてますよ」

「ありがとうございます。じゃあこのピノ・ノワールお願いします」

「少々お待ちください。ご結婚されて以来だから、6年ぶりくらいですか。相変わらず、おきれいですね。久しぶりに会っても変わらないなあ。どうぞピノ・ノワールです」

「いただきます。林さんも変わりませんね。でももう私、40歳になっちゃったんですよ」

「えっ、全然見えないですね。まだ30そこそこくらいかと……」

「やめてくださいよー! でも、自分で言うのも変だけど、30代半ばくらいには見られる自信があるんですね」

「見えます、見えます」

「もう。そうそう、お店は来てなかったけど、林さんの連載いつも読んでますよ。今日はネタ提供できないかと思って」

「おー、それは嬉しい」

「私くらいの年齢ってどれくらいの年下の子まで好きになっていいと思います?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nishiaratter 情緒を感じます→15歳年下の男の子|林伸次 @bar_bossa | 2年以上前 replyretweetfavorite

Singulith 40歳の女って、今までと違う男が欲しくてしょうがない年齢らしいねえ。  >「『40のオバサンに何言ってんの。冗談はやめて』 『僕、本気ですよ。松山さんがこれから旦那さんがいる家に帰ると思うだけで苦しいです。できれば」  https://t.co/nQycBMXi5E 2年以上前 replyretweetfavorite

km1121_k 15歳年下の男の子|林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 現実は小説よりも…面白すぎた。 https://t.co/56exk75CQc 2年以上前 replyretweetfavorite

josshu_ag https://t.co/12tXVI9KMV 東京カレンダーとかざせんせいと同じかそれ以上にモヤっする。 2年以上前 replyretweetfavorite