美人はいつだってマイルールで生きている

リビングでアキの浮気を目撃してしまった百鳥ユウカさん(34)。アキの独特な考え方に触れてユウカは戸惑っていた。ユウカはこの日参加した婚活パーティーに感じた違和感を正直に話すと、アキからは意外な反応があった。そして翌日には、アキからある提案があった。


「……私、今日、婚活パーティーに参加してね、思ったことがあるの……」

そうだ、今日アキと話したいと思ったのは、婚活パーティーのことだった。リビングであんなシーンを見てなかったら、イの一番に話していたろうに。

「竜平さんから聴いてるわ。幕田くんと会ったんでしょう?」

「知ってるんですか? 彼のこと」

夫の竜平からの紹介とはいえ、アキが知ってるのは意外だった。

「まぁね。可愛い男の子じゃない?」

「そうですか? でも、そんなことはどうでもいいんです。私、彼に連れられて今日婚活パーティーに行ってきたんです」

「へぇ。どうだったの? いい人はいた?」

アキは直截に感想を聞いてくる。

「うん、まぁ、いい人はいなかったかな。惜しい人はいたけど」

「惜しいって?」

「性格だけならいいかな、でもどうしても歯並びが許せないとか、ルックスはツボなんだけど、傲慢そうだとか」

「なるほどね。歯並びくらい、治療でどうにでもなるけどね」

「そう、そこ。どうにでもなることを放置している美意識の低さが嫌なの。でも、問題はそこじゃないんです。うーん、なんか違うというか、ああいうところで結婚相手を探すのは、純粋じゃない気がするんです。どこか打算的というか」

「……ふーん」

ユウカは大きく同意されると思って話したのに、いまいちな反応しか返ってこないことに不安を感じた。東京にいた頃のユウカなら、相手の反応なんて気にもしなかったが、ここは自分が知ってる場所じゃない。しかも目の前にいるのは、自分と全然違う環境で生きてきたアキだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kthkr0214 |菅沙絵|結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜 ユウカさんはさ、すごく正直で好きだ。嫌な女。そこがまた好き。 https://t.co/OfZOsgBBbu 3年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 菅沙絵@sae20160325 https://t.co/feU6kLfMkM 結婚する相手には、ずっと私にときめていてほしいし、私もずっと相手にときめいていたい。 ずっと50年も60年も…… https://t.co/LyExAvN5Cu 3年以上前 replyretweetfavorite

ryuzo_takahashi 「男は結局ときめきではなく、楽な相手を選ぶ」って勘違いしてる人はこういう感じか…。 「祝福されたい」って、ウケるw この小説面白い。 3年以上前 replyretweetfavorite