好き放題チューチューされてはたまらない

ベランダでアズキの苗を育てはじめた金田さん。”契約農家”への憧れから、収穫時にアズキを知人に届ける、すてきな思いつきをします。しかしその実態は……!?  おまけに、準備を進めるうちに思わぬ敵が現れて……。金田さんの豆作りは、はたして成功するのでしょうか。

注文を受けて、野菜を送りたい

8月上旬、ベランダでアズキの苗作りを開始した。品種は、「丹波大納言」だ。

煮ても皮が割れにくいことから、「切腹をしなくていい大納言のようだ」と、この名がついたらしい。タネのまき時は7月らしいが、多少遅れても、気合いでなんとかなるだろう。

アズキのタネはもちろんアズキ。ポットにまいた大納言は、数日後には発芽し、私はあることを思いついた。

「このアズキで、契約農家になろう!」

宅配農家のように、注文を受けて野菜を人に送ってみたかったのだ。

でも、タダというわけにはいかんよ。

私はさっそく友人にこうもちかけた。

「『丹波大納言の会』に入会しない? ひと口たったの100円。収穫時に、できたアズキを山分けだよ」


私の頭には、こんな未来が思い浮かんでおりました。

計画を知った夫は、あきれはてた。

「それって、契約農家じゃなくて、アズキの先物取引だよね」

「人聞きが悪いな。お正月に手作り大納言のおしるこが食べられるんだよ。そんな贅沢を、たったの100円で味わえるんだよ」

やや強引な勧誘によるという噂もあるが、「丹波大納言の会」には4名が仮入会した。

「アズキ色の紙で会員証を作って、それと引き換えに集金しよう」

会員様を楽しませることも、契約農家の大事な仕事だ。口コミで会員が増えるかもしれないし。

ところが。

「これって、きちんと育つの?」 苗を畑に運びながら、夫が聞く。

畝の準備に手間取っているあいだに、大納言の苗は、なぜだか間のびしてしまったのである。


24ポットも作った苗は、細くてヒョロヒョロ。植えつけまでに、さらに間のびしました。

「やっぱり8月のタネまきじゃ遅かったのかな……」

野菜には、それぞれ栽培適期がある。タネまきや苗の植えつけには適した期間があって、それより早すぎても遅すぎてもうまく育たないらしい。気合いじゃ、どうにもならないのだ。

とりあえず畑に植えてはみた。しかし、この先がひどく不安だ。

「早いとこ、お金を集めてしまったほうがいいな」

思わずつぶやいた私に、夫は言った。

「まるで悪徳商法だね」


隠していたが、思い切って告白しよう

大納言の結末はあとの楽しみにして、ついでに黒豆の話もしよう。

つい昨年のことだが、私は黒豆栽培に挑戦した。アズキと同じく“丹波の”黒豆だ。

べつに、丹波オシなわけじゃない。畑の隣のN村さんが、畝に入り切らなかった自家製の苗を、3ポットゆずってくれたのだ。

豆の栽培は、虫がつくので、やや手間がかかる。

腹立たしいのがカメムシの仲間で、花が散り、さやがつくぞ という段になると、そこにとりついて、チューチューと汁を吸うのである。

こうなると、さやはできない。難を逃れても、今度は膨らみ始めた豆にとりつき、チューチューとやるのだ。

「くーっ、カメムシめ! こんなについてる」

畑に行くたび、私はカメムシを駆除した。

幸い、カメムシは嫌いじゃない。変態じみているので隠しているが、思い切って告白しよう。

私はカメムシの臭いが好きなのだ。独特の清涼感がクセになるとでも言おうか。

だから、駆除も苦にならない。素手でつまんで地面に落とし、長靴でふみつけては、「あー うー」と香りに酔いしれていた。

しかし、カメムシは飛んでくる。週に一度駆除したくらいじゃ、追いつかない。

黒豆も、好き放題チューチューされ、私は半ばあきらめていた。しかし、どうにか息を吹き返し、わずかながら、できたさやが太ってきたのである。

「早く黒くならないかな。お正月に手作りの黒豆が食べられるなんて、贅沢だなぁ」

そんなある日、農園仲間のおじさんMさんがこう言い出した。

「テレビで見たんだけどさ、黒豆って、最初は緑で、そのあと、わずかな期間だけピンクになるんだって。それから黒くなるんだってよ」

「へ~」

「そのピンクの時期が、最高にうまいらしいよ。炊き込みごはんにするといいんだって。ちょっと1粒、見てみなよ」


煮豆よりずっとうまいぞ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シロウト夫婦のズボラ菜園記

金田 妙

毎日、採れたての新鮮な野菜が食卓にのぼる。そんな生活に憧れる人は多いのではないでしょうか。自分で野菜を作れればよいけれど、畑はないし、仕事は忙しいし、週末は遊びたいし…。それでも、思いきって家庭菜園の世界に飛びこんでみたら、おもしろい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません