それでも僕は、外科医をやめない

下品な不動産屋の大統領の登場、日本人はどうする?

トランプ大統領の誕生で、世界は戦々恐々。NYダウも日経平均もトランプノミクス到来と金融界ではお祭り騒ぎをしているのはさながら、破れかぶれの「ええじゃないか!」騒ぎ。いよいよ来年、2017年から始まる新時代の幕開けに私たちは、どんな心構えで臨めばよいのでしょうか。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

東京は冷たい秋雨を過ぎ、いよいよ本格的な冬に突入しようとしています。街の木々は枯れてその隙間には風が吹き、身をすくめて言葉少なに行き交う人々を見ていると、「寒さ」というものは本質的に人間に合っていないのだな、と感じます。それはただの印象ではなく医学の眼で見ても納得がいく推論で、なぜならマクロで見ても「冬季うつ」というものはありますし、ミクロで見ても身体を構成するタンパク質や酵素の活性は低温で落ちますからね。

さて、今回は「下品な不動産屋の大統領の登場、日本人はどうする?」というタイトル通り、彼の国の大統領のことについて少し触れ、これから我々がどうすべきかというお話を致しましょう。彼のお話をするにはタイミングが遅くなりましたが、このことを受け止めるために時間を要したのと、当選してからもいくつかアクションがありましたのでね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hal_31 太字の2点、本当に心底賛同します。"日本語だけでは、生きていけない時代が来る。"→ 約3年前 replyretweetfavorite

masaki_kashiwa 「専業主婦になりたい」と、医者に狙いを定めて婚活している元シェアメイト♀(30歳)に見せたい 約3年前 replyretweetfavorite

kenjumichiko1 車とかヨットとか高級オーディオとか売っててもいいけど、松阪牛を食べられるのは今のうち!脂肪が! 約3年前 replyretweetfavorite

kthkr0214 |雨月メッツェンバウム次郎 @ugetsujiro |それでも僕は、外科医をやめない 政治・経済の話もいいけど、雨月さんの恋愛コラムが読みたい。 https://t.co/pT095YujSx 約3年前 replyretweetfavorite