心のベストテン

君の名は。』は時空を越えるミュージカルである

今年の流行語大賞にノミネートされるほど大ヒットした映画『君の名は。』。物語と音楽が一体となってストーリーが進むこの映画を、柴さんはある種のミュージカルだといいます。昨今の映画音楽が今までと違うポイントはどこなのでしょうか。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの熱い対談をお楽しみください。

『君の名は。』はミュージカルである

大谷ノブ彦(以下、大谷) 『君の名は。』、本当にすごいことになりましたね。

柴那典(以下、柴) ね! 正直、公開当時には僕もここまでの現象になるとは思ってなかった。

大谷 作ってる側も予想外だったみたいですね。最初の目標は興行収入15億だったらしい。

 それがお正月までのロングラン上映が決まったらしいですし、興行収入も200億円を超えると言われている。

大谷 柴さんは『君の名は。』をどう観ました?

 僕はこの映画、ある種のミュージカルだと思うんです。

大谷 へえ! ミュージカルですか。

 物語と音楽が一体となってストーリーが進んでいくじゃないですか。

大谷 たしかに。「前前前世」とか「スパークル」とか、ここぞ!というシーンでRADWIMPSの曲がかかる。

 そうそう。その曲がかかることによって物語がドライブする。そういうところがミュージカルだなあと。

大谷 なるほどね。

 これだけヒットしてるのにもかかわらず、僕の周囲では『君の名は。』は賛否両論なんです。「全然楽しめなかった」という人もいる。そういう否定的な意見を言う人に「どこがよくなかったんですか?」と聞くと、大多数の人が「物語のツジツマがあってない」と言う。

大谷 ああ、わかるわかる。そういうこと言う人もいますよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

consaba 柴那典+大谷ノブ彦「僕はこの映画、ある種のミュージカルだと思うんです。」  『 #君の名は 。』は時空を越えるミュージカルである| #ss954 #radiko #前前前世 #RADWIMPS 4ヶ月前 replyretweetfavorite

mame623 レリゴーと前前前世同じ役割というのへぇ!?という感じ。> 4ヶ月前 replyretweetfavorite

roy19821113 とても共感。この映画は音楽があってこその映画だと思うのです。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

animane_news #君の名は アニマネ - https://t.co/OfdmSHWxti https://t.co/alEub1oD6l 4ヶ月前 replyretweetfavorite