ヒットの方程式」が失われた後の「夢の掴み方」

CDバブルの90年代は徹底したメディア露出で話題をつくり、ヒットがどんどん生まれていきました。しかし、その方法論はすでに通用しなくなっています。では10年代、アーティストはどのように夢を掴めばよいのでしょうか? 
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす新刊『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

失われた「ヒットの方程式」

 では、その半面で失われたものは何だったのだろうか?
 2013年1月、『週刊ダイヤモンド』が「誰が音楽を殺したか?─Who’s killing Music?」という特集を組んでいる。「音楽産業は崩壊するか」「音楽家は生き残れるか」と、なかなかに刺激的な見出しが乱発される記事の中に、こんな一節がある。

「時代を彩るような新人がなかなか出てこない」
 業界関係者は一致してこう話す。AKB48らアイドルは社会現象となったが、音楽にだけ携わるアーティストでは、大ヒットを連発する人材はなかなか出てこない。
 数年前までは純粋にロックやダンスを目指す本格ミュージシャンでもアルバムが10万枚単位で売れることは多々あった。だが、「今は数万枚でよいほう」と先の音楽事務所の幹部は話す。特に中堅ランクの落ち込みは顕著だ。 (『週刊ダイヤモンド』2013年1月12日号)

 この記事では若手のアーティストがヒットを飛ばすことが難しくなった理由を二つ挙げている。
 一つは、レコード会社が新人に投資する余裕がなくなったこと。そしてもう一つは、かつて有効だったプロモーション戦略が通用しなくなったことだ。

 1990年代は新人がドラマのテーマソングでタイアップし、音楽番組に出演すれば「次の日には2、3万枚レベルが、60万枚とかに跳ね上がった」(音楽事務所幹部)が、昨年、同じ戦略を取った若手バンドは「ほとんどチャートが動かない」(同)ありさまだった。(前掲誌)

 この記述からは、90年代の音楽産業がどんな「ヒットの方程式」を用い、それがどんなビジネスとなっていたのかが、逆によくわかる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

年末に向けて、10年代の音楽トピックを総復習!

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nakanomusic 「 ヒットの方程式」が失われた後の「夢の掴み方」 https://t.co/iNOGPcRukA https://t.co/a7ASt55Q0P 1年以上前 replyretweetfavorite

loveaddict9 本当に誰かが音楽を殺したのか? #SmartNews https://t.co/xwo0M2nzGK 1年以上前 replyretweetfavorite

co_jit 1件のコメント https://t.co/9uRX4RZIVf 1年以上前 replyretweetfavorite