アイドル戦国時代」が終わらなかったシンプルな理由

かつてバンドやアイドルは、ブームとして過ぎ去っていくものでした。10年代に突入した「アイドル戦国時代」もすぐに終わると思われていましたが…なぜこのムーブメントは消費されず、文化として根付いたのでしょうか?
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす新刊『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

終わらなかった「アイドル戦国時代」

 バンドやミュージシャンだけではない。アイドルグループも「長く続けられるもの」になってきている。

 かつては全くそんなことはなかった。たとえば、秋元康のプロデュースにより1985年にデビューした「おニャン子クラブ」は、彼女たちを生み出した番組『夕やけニャンニャン』の終了と共にわずか2年半で解散。1987年にデビューし社会現象的な人気を築き上げた光GENJIも、90年代に入るとブームは沈静化、大きく人気を落としている。

 アイドルグループの「寿命」は数年。それが90年代までの常識だった。

 しかし、10年代のアイドルシーンはかなり様相が違うものになっている。
 前述の通り、嵐やPerfumeは、デビューから10年以上のキャリアを経て、今なお第一線で活躍を続けている。モーニング娘。やAKB48などのように「○期生」のような形でメンバーの加入と卒業を繰り返し、メンバー編成を新陳代謝していくことで存続していくアイドルグループの存在も当たり前になった。

 10年代前半は、「アイドル戦国時代」という言葉がメディアを賑わせることも多かった。AKB48、ももいろクローバーZがブレイクし、女性アイドルグループの市場は一気に拡大した。ただ、その一方で、80年代のアイドルブームの熱狂と終焉を知る多くの関係者は「このブームは長く続かない」と考えていた。

 しかし、そうはならなかった。

(PHOTO: Getty Images)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

多方面の取材と緻密な考察でコンテンツビジネスの潮流を解き明かす

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ok_jm 「アイドルはたった3カ月先にどうなっているか分からないもの」という状況は実は今も変わっていなかったり。ある程度知名度のあるメジャーどころのグループですら、卒業、増員も含めると普通で。 2年弱前 replyretweetfavorite

ok_jm 「グループアイドル進化論」から引用、参照して頂いております。 2年弱前 replyretweetfavorite