怒髪天、フラカン、コレクターズ…全盛期を更新する「遅咲きバンドマン」たち

「ダブルミリオン」や「トリプルミリオン」なる言葉も飛び交い、音楽産業が最も好景気を謳歌していたメガヒットの90年代。それから20年、音楽シーンに広がる新たな光景とは?
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす新刊『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

「ブームはいつか終わるもの」だった90年代

 当たり前のことに思えるだろうか。
 しかし、90年代には決してそんなことはなかった。

 100万枚を超えるセールスを果たしたミリオンヒットの楽曲が連発され、「ダブルミリオン」や「トリプルミリオン」なる言葉も飛び交い、音楽産業が最も好景気を謳歌していたメガヒットの時代。それは、一方で、ミュージシャンにとっては明日の見えない時代でもあった。

 ロックバンド「筋肉少女帯」のボーカリストとして一世を風靡した大槻ケンヂの自伝的小説『リンダリンダラバーソール』には、その時代の空気が如実に描き出されている。80年代末から90年代初頭のバンドブームの狂騒を、その渦中にいた当事者の目線で描く一冊だ。フィクションではあるが、当時脚光を浴びたミュージシャンたちが実名で登場する。

 90年代、日本には空前のバンドブームが訪れていた。原宿駅前の歩行者天国(ホコ天)でのアマチュアバンドの演奏がテレビや雑誌で取り沙汰され、『三宅裕司のいかすバンド天国』(イカ天)という番組が人気に火をつけた。小さなライブハウスに立っていたバンドマンがある日突然スターとなり、訪れたブームに舞い上がり、翻弄される。そしてある日突然、波が引くようにそのブームが消滅する。

 武道館公演を成功させたばかりのバンドが、次のツアーを発表したところ、全会場で10分の1も券が売れず、ツアー総てが中止となる、などというような異常事態がアチコチで発生するようになった。  某バンドをホールに見に行ったところ、数千人入る会場に客は100人もいなくて、開き直ったメンバーにステージから〝出席〟を取られたこともあった。 (大槻ケンヂ『リンダリンダラバーソール』メディアファクトリー)

 同書には、当時のヒットが一過性の熱狂でしかなかったことが生々しく描かれている。
 バンドブームだけではない。90年代は、次々と社会現象的なヒットを生み出しては下火となっていくアーティストが、毎年かわるがわる現れるような時代だった。ドラマやCMとのタイアップから火がつき、カラオケでそれを歌うためにシングルCDが飛ぶように売れるものの、あっという間にその波は去っていく。

 人気はいつまでも続かない。それが当時の常識だった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2010年代の重要音楽トピックを総ざらい!

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

akihik0810 90年代のメガヒットの時代、00年代の市場縮小期を経て、粘り強く活動してきたベテランバンドが全盛期を更新し、元気に活動している状況 / #§_Rock'n'Roll 1年以上前 replyretweetfavorite

id_hoven #ss954 「ダブルミリオン」や「トリプルミリオン」なる言葉も飛び交い、音楽産業が最も好景気を謳歌していたメガヒットの90年代。それから20年、音楽シーンに広がる新たな光景とは?> 1年以上前 replyretweetfavorite

monaken まともに音楽で食えるようになったのが40歳過ぎって壮絶な人生だな…。 1年以上前 replyretweetfavorite

consaba 柴那典「人気はいつまでも続かない。それが当時(90年代)の常識だった。」 #ss954 #radiko 1年以上前 replyretweetfavorite