香水を買っただけのシャネルの紙袋をとっておく見栄っ張りのための発明品

出会ったばかりの人に、モノを渡す時、どんな紙袋に入れますか? 気張ったブランドの袋か、無難な無印の袋か、はたまた伊勢丹の袋か。ちょっと迷う人のために、古見宇博士がとっておきの発明をしました。それが、その名もKWGPこと『紙袋ウエストゲートパーク』なのです。

古見宇こみう博士
23歳男性。生後一週間でマクローリン展開をする。四歳でハーヴァードに入学。六歳で数学の博士号を取る。二十歳で万物理論を完成させたのち、「コミュニケーション」の発明を行う古見宇発明研究所を設立する。

ニケ
32歳女性。古見宇研究所助手。好きなものは竹輪とGINZA。嫌いなものはセリーヌ・ディオン。「宇宙の解」を知って絶望していた博士に「コミュニケーション」という難題を与え、結果的に古見宇研究所の設立に繋げる。



 博士がドイツの学会から戻ってきたのは午後五時半だった。

 空港から直接研究所まで来たようで、博士はキャリーバッグの上に、パンパンに膨れあがった三つの紙袋を積んでいた。

「いやあ、遅くなってごめん」と言って、博士は私の隣に座った。「これが出張土産だよ」

 博士は一番上の白い紙袋を渡してきた。

「なんなんですか、これ?」

「紙袋さ」

「えっと、中身を聞いてるんですけど」

「だから紙袋なんだよ。紙袋の中に紙袋が入ってるんだ」

「え?」

「昨日まで国際紙袋学会だったんだ。言ってなかった? これは、学会で僕が配ったお土産の、紙袋詰め合わせだよ」

「そういえば、そんな話を聞いていた気もしますけど……。というか、国際紙袋学会ってなんですか?」

「一年に一度、世界中から紙袋学の権威が集まって、新たな紙袋理論について発表する場さ。今年の基調講演は去年の袋川賞を受賞した人気紙袋作家—あのhiroが来たんだよ!」

「hiroって誰ですか?」

「ええ? 紙袋寛子だよ。知らないの?」

「似たような名前の人なら知ってますけど……。そもそも、紙袋についてそんなに語ることがあるんですか?」

「そりゃあもう、たくさんあるさ。紙袋からいろんなことがわかるんだ。たとえば、そうだね、ニケ君のその紙袋からもわかることがあるよ」

「え? なんですか?」

 私は机の下に置いたシャネルの紙袋をちらりと見た。

「ニケ君が実はケチなのに見栄っ張りだということや、このあと、まだ知り合ってから日の浅い友人と会って、前回借りていたものを返すこととか」

「え? どうしてそこまでわかるんですか?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SF新世代の俊英が、圧倒的リアルさで抉り出した6つの物語

この連載について

初回を読む
古見宇博士の珍奇な発明

小川哲

二十歳で「宇宙の解」を知って生きる気力を失った大天才、古見宇(こみう)博士。そんな彼が絶望の果に見出した謎は「人間関係」でした。まだ誰も光を当てていない種類の「コミュニケーション」に関する発明品を作ることに生きがいを見出し、古見宇発明...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tt_highbridge この紙袋に関する考察すごい。面白い。--- 約4年前 replyretweetfavorite

okarinaaa 紙袋のことまで気にしながら生きていかなきゃいけないとかやめて(>_<)生きるのつらい(>_<) いいじゃんシャネルの紙袋とっておいても、高い店の紙袋、小さいやつほど頑丈で助かるんだよ(>_<) 誰が悪いの?何が悪いの(>_<) https://t.co/rSyHJngQFO 約4年前 replyretweetfavorite

a_chang_0322 くだらねえwww(ほめ言葉) 約4年前 replyretweetfavorite