新説!ブサイクはジャニヲタ女子を狙え!【能町みね子✕マンボウやしろ】

「ブサイク」という一点だけで、これまで辛酸を嘗めてきたマンボウやしろさん。特に恋愛市場で不利なブサイク男子は、どんな異性を狙えばいいのでしょうか?

「よしもとブサイクランキング」で3年連続1位を獲得し、殿堂入りを果たしたマンボウやしろさんの初著作『ブサイク解放宣言』(ヨシモトブックス)から、マンボウやしろさんと能町みね子さんによる対談を特別掲載します。今を生きるすべてのモテない男女へ。生きる勇気が湧いてくるハートフル対談、後編です。
(前編『ブサイクは、「ハワイに行きたい」と答える女の子は諦めろ』はこちら

新説! ブサイクはジャニヲタ女子を狙え!

能町みね子(以下、能町) ただ、私、「ジャニヲタだ、逃げろ」は違う気がするんですよね。

マンボウやしろ(以下、やしろ) お ! そういうご指摘、ぜひ聞きたいです。実は、僕、ジャニヲタについてほぼ知識がなくて。単純にジャニーズ=カッコイイ男の子たちが多い=そういう人を好きな女の人は顔面至上主義なのではないかと考えまして。

能町 人によるとは思うんですけど、そもそもジャニヲタの女の子ってイケてないんですよ。そして、そのことを自分自身でも承知している人が多い。だから、ジャニーズ大好きで番組も見逃さないし、コンサートも行くってぐらいのジャニヲタだとしても、現実にその応援している○○くんと付き合えないのは分かっているわけです。

つまり、意外と現実の出会いとパキっと分けて考えているので、ジャニヲタである自分を認めてくれる男の人とうまくいく可能性が高い。現実に彼氏がちゃんと存在するジャニヲタって多いんじゃないかな。

やしろ は—!!!! なるほど—!!  スゴい納得です。ジャニヲタであることを認めれば、ブサイクからしたらジャニヲタの女の子は狙えるってことですね。

能町 「私はジャニーズ好きだし、これからもライブも行くし、番組も見るし、○○くんを追いかけるけど、ただ、あなたはあなたで現実として認めていて彼氏だと思っているからそこは分かってね」と割り切って付き合っている人、多い気がします。ジャニヲタに限らず、ビジュアル系とか何かに夢中になっているヲタの人って、そういう趣味の世界と現実を結構キレイに分けられる気がする。

例えば、昔はBL好きな女子って「現実の男と接することができないからそういう世界にハマるんだ」と言われていた部分があったけれど、最近、BL好きな人ってサラッと結婚するんですよ。結婚したうえでBLという世界を愛する。美しいものは美しいもので愛でるのだけど、現実がそうでないことは分かっていて。それはなんか新しい世界になってきたなと思うんですよね。

やしろ それは確かにニューワールドですね。文化として始まった当初は迫害を受けていたけど、だんだんメジャーになってきて、ある意味でBLも解放されていったということですね。僕、これまで生きてきてアイドルとかにハマったことがなかったから、例えばアイドルのコンサートにカップルで行くとか、全然理解ができなかった。でも、今の話を聞いて、なるほどとやっと理解できた。とりあえず、今日の話を受けて「ジャニヲタだ、逃げろ!」は撤回します(笑)。

笑顔や明るさはブサイクにこそ必要!

能町 やしろさんに聞きたいのは、男性側としてジャニヲタであることを拒否しないでいられるものですか? 彼女が自分のこと以上に誰かに熱を上げていて、その人が出ている番組はすべて録画して、家でもずっとコンサートDVDとか見るという状態。

やしろ ……そう考えると、僕は無理ですね。単純に嫉妬しちゃうかもしれない。僕、恋愛に関しては「お互いが唯一というものでないとたどり着けない場所」があるのではないかと思うときがあって。そういう考え方なので、彼女が「現実にはありえない」と言いながらも他の人を好きだと公言されている状況に嫉妬してしまう気がするんです。

能町 嫉妬するんですね! では、男の人の立場から、逆にあまりかわいくないとか、ちょっと太っているとか、そういう部分のある女の子でも「この子、いいな」と思うには、何があればいいと思いますか?

やしろ 僕に関して言えば、本当に見た目重視だった20代から30代になって変わったのは「明るい子」に惹かれるということですね。明るさってとんでもない武器だなと。みんなが努力して手にしているいろんな技とか生き方とかあるなかで、根本的に明るいという強さというのはスゴく揺るぎなくて惹かれるものがある。

能町 へぇ~ !!! そんな根本的なところに! それは面白いし、スゴく良い話ですね。

やしろ 自分にいろいろあったときに、すぐ近くに明るい子がいたら確実にエネルギーになるし、沈まなくて済むし。そういうパワーが一族に入ることも大事だなと。明るさを持っている子はスゴいなと。

能町 それに似たようなことを言われたことがあるのを思い出しました。私、写真を撮られるときに笑うのがすごく苦手で。自分では結構笑っているつもりなのに「笑顔でお願いします」と言われると、ものスゴくぎこちないうえに単にブサイクになったりすることが多くて「いっそ笑顔でないほうがマシ」と思っていたんです。

でも、それを誰かに話したら「それはダメだ。ブサイクなうえにむっつりしていたらもう救いようがない」と一刀両断されて(笑)。笑顔が汚かろうがぎこちなかろうが、とにかくこの人は悪い人ではないと示すためには笑顔じゃなきゃダメなんだと力説され、ちょっとハッとさせられて。

やしろ ふはは。それは本当にそう思います。相手に敵じゃないことを示さないといけないですからね。シンドバッドのアニメかなんかでも「どんな交渉術よりも笑顔でいることが一番だ」というセリフがあった気がします。

能町 ふふっ。なんか話がいよいよ自己啓発セミナーみたいになってきましたね(笑)。

やしろ そうなんですよ。結局、見た目とかコンプレックスって話になると、着地点って自己啓発っぽくなってしまうんですよね(笑)。

互いをペットと思う能町みね子の結婚観

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ブサイクのプロ」だからこそ書けた、見た目コンプレックスからの脱却法!

この連載について

初回を読む
ブサイク解放宣言〜見た目にとらわれない生き方のススメ

マンボウやしろ

「ブサイク」という一点だけで、これまで辛酸を嘗めてきたマンボウやしろさん。恋愛市場でも不利な"ブサイク男子"は、どんな異性を狙えばいいのでしょうか? 「よしもとブサイクランキング」で3年連続1位を獲得し、殿堂入りを果たしたマンボ...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

ki00000000 https://t.co/gJV4qdLkL7 2年以上前 replyretweetfavorite

sumire_iwa ”昔はBL好きな女子って「現実の男と接することができないからそういう世界にハマるんだ」と言われていた部分があったけれど ” って価値観がすごいwそんなこと考えたことがなかったw https://t.co/OoKgAJ0Amw 2年以上前 replyretweetfavorite

kmnym_ ”恋愛よりも結婚のほうがハードルが低いような気がしちゃっていて。最初からお互いに熱烈に好きじゃなくていいから、お互いに嫌いじゃない程度で一緒に生活できる相手はいないかなと。同居するうちに情は生まれるだろうし、利害関係が一致すればいい”https://t.co/jdYQtTzcIz 2年以上前 replyretweetfavorite

v_netz ウッ >ブサイクなうえにむっつりしていたらもう救いようがない ■ 2年以上前 replyretweetfavorite