ナチスドイツ軍が焼き払った秘密資料

ナチスの手によって、あらゆる場所に爆弾を仕込まれた花の都パリ。ナチスドイツからの圧迫を受けながら、パリの市民やレジスタンスは自由を諦めませんでした。ナチスドイツの体制が崩れ始め「パリ解放の日」が近づく中で、ナチスドイツ軍がとった行動とは?
牧村朝子さんによる渾身のノンフィクション連載です。(初回はこちら

ノートPCのディスプレイに、白黒の家族写真が表示されている。
父親と母親、それにかわいらしい娘二人の四人家族だ。

ぷっくりしたほっぺたで笑う小さな女の子は、アンナ=バルバラ。その背後で、お姉さんらしくすこし澄ましたマリア=アンジェリカが、父の肩に手を置いてこちらを見つめている。かたわらで気弱そうに微笑むのは、ウーベルタ夫人。のちにティモという名の男の子が産まれ、家族はやがて五人になる。

それなのに、左端に写る父親は、あさっての方角を見たまま何の表情もない。巨大ロボットみたいな体つきで、口を真一文字に結び、その瞳には光が感じられない。

彼の名は、ディートリッヒ・フォン・コルティッツ。

自宅のパソコンからフランス語で彼の名前を打ち込むと、すぐに写真が見つかった。ナチスドイツ占領下のパリで、アドルフ・ヒトラーの勅命を受け、大パリ司令官として君臨したその人であるらしい。つまりは、レジスタンスの敵であり、パリにいたナチスドイツ軍のボスというわけだ。

パリ解放の決戦について聞く前に、私は、ルネおじいちゃんがどんな人と戦ったのか写真で見てみたいと思った。そこで検索してみたところ、この家族写真に行きあたったのだった。

もちろん、若きレジスタンスであったルネおじいちゃんが、フォン・コルティッツと直接交戦した可能性は低いだろう。それにしても、「ナチスドイツ」とか「レジスタンス」とか顔のわからない一群れとして捉えるより、どんな人間がどんな想いで戦っていたのかをできるだけ個人単位で知った方が、より誠実である気がしたのだ。私は椅子に座りなおすと、パリ解放までの日々を描いた名著「パリは燃えているか」を開いた。フォン・コルティッツ氏の家族写真を、画面に表示させたままで。1944年、ルネおじいちゃんがアラン・ポエールの右腕だったとするならば、フォン・コルティッツ氏は、あのヒトラーの右腕だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ルネおじいちゃんと世界大戦

牧村朝子

第二次世界大戦終戦から、今年で70年。「戦争」という言葉を聞いて、みなさんはどんなイメージを思い浮かべるでしょうか? 日本人にとっての戦争は、映画や教科書や遠い国のニュースの中のものとなりつつあります。そんな中、フランスで国際同性婚を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yu_llri まきむぅさんのことば、文才。いま出会えて良かった。今日も彼女のエッセイの余韻に浸る。 @makimuuuuuu https://t.co/DmUglhKeqL 2年弱前 replyretweetfavorite