心のベストテン

2016年の洋楽アルバム・ベスト3

ことし最重要の洋楽アルバムは、フランク・オーシャン、ボン・イヴェール。ここまでは大谷さんも柴さんも一緒。でも残りの一人が違うそうで……誰でしょうか?
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

フランシス・ザ・ライツが生んだ大発明

柴那典(以下、柴) 前回は宇多田ヒカル『Fantôme』の話でしたけれど、今回はそれとつながる話をしましょう。今のアメリカの音楽シーンがすごくおもしろいことになっている、という。

大谷ノブ彦(以下、大谷) フランク・オーシャンの『blonde』のことじゃない? KOHHがゲスト参加した。

Blonde [Explicit]
『Blonde』Frank Ocean

 そうそう!

大谷 いやあ、このアルバムはすごい! すこし気が早いけど、今年の僕の洋楽アルバムトップ3に入ります。

 僕も『blonde』は今年の最重要作の一つだと思いますね。

大谷 ちなみに僕のトップ3は、フランク・オーシャンの『blonde』、ボン・イヴェールの『22、ア・ミリオン』、そしてジェイムス・ブレイク『The Colour in Anything』。しかもおもしろいのは、この3人が、それぞれのアルバムで参加しあっているということ。

22, A MILLION
『22, A MILLION』Bon Iver

 革新的な音楽を作っている人が点と点で結ばれてるんですよね。ただ、僕が今年出た洋楽アルバムの中で3つ選ぶとしたら、フランク・オーシャンの『blonde』、ボン・イヴェールの『22、ア・ミリオン』は大谷さんと一緒なんですけど、3人目はジェイムス・ブレイクじゃないんです。

大谷 あれ? ちょっと待ってよ、どういうことよ、柴さん。だれだれ?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

TwinTKchan キングコング西野さんが個展を入場無料にして成功したように、まずは間口を広げることが大切。 YouTubeで無料でも、好きなものは収集したくなるからCDを買うんです :柴那典 @shiba710 /大谷ノブ彦 @dnjbig https://t.co/5fmjV1na2z 8ヶ月前 replyretweetfavorite

consaba 柴那典 +大谷ノブ彦  フランシス・ザ・ライツが生んだ大発明  8ヶ月前 replyretweetfavorite

koumotoko 洋楽アルバム、 8ヶ月前 replyretweetfavorite

you_psy 音楽おたくなので、ぼちぼち今年の3枚を考えないといけない。 8ヶ月前 replyretweetfavorite