ヒラリーが負けるのには、101の理由があってだな

現地時間の11月8日に投開票が行われた、アメリカ大統領選挙。世界一の大国の長が決まるこの選挙で、事前の予測を覆してドナルド・トランプが当選しました。暴言を繰り返し、メディアに散々叩かれたトランプは、なぜ当選することができたのか。また、日本にどのような影響がでるのか。選挙後も混乱が続くアメリカの様子から読み解いていきます。

なぜトランプは大統領選に勝てたのか?

おぐらりゅうじ(以下、おぐら) まさかのトランプ当選、ニュースを見て、しばらく呆然としましたよ。

速水健朗(以下、速水) まぁ歴史的な珍事ではあるよね。

おぐら 2001年に、2ちゃんねらーたちが組織票を投じた結果、TIME誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」で田代まさしが1位になったのを思い出しました。

速水 あれは後に無効になったけど、トランプの当選は現実だから。

おぐら トランプに投票した人たちの中にも「え、ほんとに? やばくない、それ。どうすんの?」って思ってる人はいるでしょう。

速水 でも実際のところ、トランプの妄信的な信者はごく少数。大勢のアメリカ人が、トランプという毒をもってしか現状が変わらないという覚悟を持たざるを得なかったってことじゃないかな。

おぐら トランプ勝利の要因のひとつとして、過度なグローバリゼーションへの反発があると言われていますけど、そこは共感できるんですよね。日本でも終身雇用が前時代的なものになり、「これからは個人の時代だ」「世界で活躍するんだ」とか強要されても、みんながみんな適応できるわけないだろって。

速水 一方で、お金持ちもトランプを選んだんだよ。減税と大規模財政出動という経済政策をはっきり示したのもトランプだった。それが支持された結果とも言えるんじゃないかな。

おぐら つい最近、早すぎる人でおなじみ、高城剛さんのインタビューを読んだら、「次世代シーケンサーの登場と普及により(略)人間の年齢を元に戻すことが可能になった」とか「二つ以上の国をまたいで生活基盤を持つことをおすすめしている」とか言っていて。
* 高城剛と探る「未来をサヴァイヴするためのヒント」

速水 それなんかやばそう。高樹沙耶関連の話?

おぐら 違います! 高城さんが言ってたバイオテクノロジーの話ですけど、こういうの、どのくらいの人がリアリティを持って耳を傾けられるんだろうって思いました。

速水 トランプ支持者の中には、ハイテク信仰の富豪とかもいるんだけどね。基本的には、都市部とそれ以外の政治意識の乖離がはげしくなったのは事実。

おぐら いや、ほんとそうですよ。もっと生活に根ざしたことでいえば、オーガニックだサードウェーブコーヒーだって言われても、コンビニ弁当と缶コーヒーのほうが大多数ですし。

トランプ勝利で巻き起こるアメリカの混乱

おぐら もちろん、アメリカ国内でも、いろいろと混乱が巻き起こってます。

速水 各地でデモが起こってるのはともかく、ニューバランスのスニーカーまで燃やされてる。

おぐら ニューバランスの広報担当が、TPPに異を唱えるトランプ歓迎のコメントをしたところ、反トランプ派のユーザーが反発したと。
* トランプ支持表明は危険?「ニューバランス」の発言でネット批判殺到 スニーカー燃やす動画も

速水 ニューバランスは、都市リベラル層のイメージが強いブランドだから、これはちょっとやらかした感がある。顧客の好みをわかってなかったんだね。

おぐら 一方、バンドのレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンは、反トランプのアルバムを作るために再結成するとか。
* RAGE AGAINST THE MACHINE To Reunite And Release Anti Donald Trump Album

速水 ようやく校了したばかりの『バンド臨終図巻』(12月1日文庫版発売)の担当が、もう直せないので「なんてことを!」って嘆いていたよ。

おぐら そして、アメリカが女性大統領という選択肢よりも、政治の素人を選んだっていうところも重要ですよね。

速水 ヒラリーにとっては、結局「ガラスの天井」があるんだってことを自ら証明してしまった。

おぐら この選挙結果を受けて、どのくらいアメリカは変わるんでしょうか。選挙の時の暴言はあくまでパフォーマンスで、実際はもっと現実路線でいくだろう、なんて言われてますが。

速水 在日米軍を引き揚げるとかは、無理でしょ。日本に来ている兵隊、つまり5万人規模の雇用が失われるなんて、アメリカの損失だってあるわけで。

おぐら 日本には駐留費用を全額払えって言ってました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐらりゅうじ /速水健朗

政治、経済、文化、食など、さまざまジャンルを独特な視線で切り取る速水健朗さんと、『TVブロス』編集部員としてとがった企画を打ち出し、テレビの放送作家としても活躍するおぐらりゅうじさん。この気鋭のふたりのライターが、世の中のニュースを好...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yamadataro55 同じ日に同じ本について速水健朗さんが言及してる。https://t.co/rPAnAGCU0s 3年弱前 replyretweetfavorite

hyroaky_ トランプ氏当選について、この2人もやはり意外だった、と。 3年弱前 replyretweetfavorite

kabothomas ジェーン・スーさんの、この言い回しも定着したなぁ… 3年弱前 replyretweetfavorite

NishinoM トランプ自身はたしかTwitterを駆使して成功したと言ってた。ただしオバマのようにではなく炎上目的で…。 3年弱前 replyretweetfavorite