三井・住友 名門烈伝

最終回】[鹿児島] 政界にもけんか売る薩摩財閥 もう一つの「岩崎家」の凄み

鹿児島財界の盟主、岩崎産業は、運輸と観光を軸としてさまざまな業界にビジネスの投網を広げ、薩摩の一大財閥にのし上がった。それを束ねるのが、3代目の異能・岩崎芳太郎社長だ。

 岩崎家といえば、普通なら三菱財閥を興した岩崎弥太郎氏を連想するだろう。だが、鹿児島の場合、誰もが岩崎産業の岩崎芳太郎氏を思い浮かべるはずだ。事実、それほどの影響力を岩崎産業は誇っている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
三井・住友 名門烈伝

週刊ダイヤモンド

かつて日本経済の土台をつくった日本全国の財閥。そのDNAは今も三井、住友をはじめとする企業グループや、各地に散らばる「地方財閥」に脈々と受け継がれている。本誌はその中でも、近代日本に大きな影響を与えた全国27の名門「財閥」に焦点を当て...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません