結婚相手はときめける人?安定した人?

「結婚」に真正面から向き合うパリジャン十色の新シリーズ。今回は、婚活でよくある悩み「どういう人を結婚相手に選べばいいかわからなくなってきた」という問題について考えてみます。実際に婚活で悩んだことがあるという中村さん自身のエピソードから、解決策を導き出します。

婚活でよくある悩み

トランプ大統領の当選は、フランスでも驚きを持って報道されました。 フランス大統領までも「まさかトランプ氏が」と思っていたようで、クリントン氏に向けた祝辞の言葉しか準備しておらず、慌ててトランプ氏用に書き換えたなんていうニュースもあったほどです。

いやはや、新しい大統領のことが好きでも嫌いでも、期限付き4年間のお付き合いになるわけですが、結婚相手となると一生の覚悟のお付き合いです。

「結婚」について真っ正面から向き合っているパリジャン十色では、今週は婚活でよくある悩み「どんな人を選んだらよいかわからなくなってきた」について考えてみようと思います。他にも「ときめける人か安定感のある人か、どちらを選んだらよいのかわからない」というのも、よく聞かれる悩みのようです。

この悩みの原因を解体してみると、「自分の基準」VS「他人や世間の基準」の葛藤が見えてきます。

自分が良いと思う「ときめける人」なのか?
他人や世間から見ても文句ない「安定した人」がいいのか?

こんな風に「自分の基準 」と「他人や世間の基準」という2つの間で揺れ動き、どちらで判断を下せばよいのか分からず混乱してしまうのです。

さらに「早く結婚しなければ」という焦りも手伝って、自分を見失ってしまうのもよくあること。いつもなら「自分の基準」を持っている人ですら、結婚の焦りによって判断力が鈍ってしまうのが婚活の恐さです。

「恋は盲目」と言いますが、「結婚」を前提に考える打算的な相手選びの際には、「結婚は盲目」になることも。「社会的地位」などの条件のよさに、相手の性格の粗などが見えなくなる盲目状態に陥ることだってあるのです。

「結婚」って、社会的なものでありながらも、同時にごくごく個人的なもの。こんな矛盾したややこしいものである上に、一生に一度にもなり得る重大な選択であること。さらに、自分の基準を見失いやすいときて、結婚相手を選ぶのって本当に難しいように思えますよね。

過去に婚活に必死になりすぎた私も、完全に自分を見失って、一体誰をどう選んだらいいのか分からなくなった、そんな体験があります。

私の婚活体験「条件で選んだ相手」

婚活をスタートした私は、まず最初にネット上での出会い系サービスを利用することにしました。自分のプロフィールなどを登録すると、いよいよお相手探し。身長、年齢、職業、将来親との同居の可能性アリ・ナシ等、色々な条件をクリックすると、候補の男性がリストアップされます。気になるお相手にこちらからメッセージを送り、何度かやりとりが続いた人と携帯のメールアドレスを交換し合い、実際に会うことになります。私は10人ほどネットで探し当てた男性らと直接会い、食事をしてみました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

honey3322 この回答でいくと、お別れ一択だ。 約1年前 replyretweetfavorite

neriyco ね。”自分で選ぶ相手なのだから、自分で責任をとればいいだけ” 約1年前 replyretweetfavorite

anamourettes その人に対して、いいなと思える人を選べばいいだけです。その「いいな」の具体例は、「危険を感じない」から始まり、もっと話がしたい。もっと一緒にいたい。キスしたい。セックスしたい。というようなことです。|中村綾花 | 約1年前 replyretweetfavorite

nanamurananako 『「結婚」を前提に考える打算的な相手選びの際には、「結婚は盲目」になることも。』身に覚えがある!! なので今はときめける相手を探しています。 約1年前 replyretweetfavorite