ここにいていい」と思えるように、脱サラマンガ家の苦悩と希望

『ROLA』にてアラサー向け少女マンガ『彼女のいる彼氏』を連載中の矢島光さんと、cakesの人気連載『左ききのエレン』作者・かっぴーさんとの対談が実現しました。大学卒業後、会社員生活を経てマンガ家として活躍するおふたり。後編では、矢島さんとかっぴーさんがマンガを描くうえで軸としているものは何なのか、今後どのようなマンガを描いていきたいかといった、マンガに対する“想い”について語っていただきました。

『彼女のいる彼氏』はアラサー女子元気づけコンテンツ

矢島 『ROLA』に初めてマンガの持ち込みをしたとき、編集の方に「ギャグマンガは向いてない、つまんない」って一蹴されて(笑)。

かっぴー えー、ひどい!(笑)

矢島 「ギャグマンガよりも、勤めていた会社の文化とかをみんな見てみたいと思うから、自分の経験をもとに描いてみたら」ってアドバイスをもらったんです。私は会社の中にいたから、周りからそんなふうに思われてるなんて全然知らなかったんですよ。それで、自分のいた会社や経験をベースにした『彼女のいる彼氏』を描き始めました。

かっぴー 編集者の方の意見、よかったですね。だってサイバーエージェントって、たぶんみんながいま一番見たい会社じゃないですか。前職の人から「私もマンガに登場させて!」とか言われないですか?

矢島 言われますね!(笑)

かっぴー 僕は周りから「出したら殺す」って言われるんだけど、この違いは何だろう(笑)。で、僕も矢島さんも今は自分の経験をもとに描いてるわけですけど、矢島さんは今後「こういう作品を描きたい」とかあるんですか?

矢島 やっぱり一番は、アラサー女子を元気づけるコンテンツを作っていきたいんですよね。『彼女のいる彼氏』もそれなんですけど。

かっぴー アラサー女子を元気にしたいんですか。

矢島 アラサー女子ってどうしても周りからあせらされがちな存在なんですけど、ちゃんと「自分はこうだ」っていう芯みたいなのがあれば、あせらなくても済むんだろうなと思ってて。たとえば恋愛で痛い目みたとしても、それで結果的に女性としての自尊心が高まってたら、その後に活かせるはずなんですよ。そういうことをマンガの中で描ければいいなって思うんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ウェブマンガ家の頭のなか—矢島光×かっぴー

矢島光 /かっぴー

『ROLA』にてアラサー向け少女マンガ『彼女のいる彼氏』を連載中の矢島光さんと、cakesの人気連載『左ききのエレン』作者・かっぴーさんとの対談が実現しました。大学卒業後、会社員生活を経てマンガ家として活躍するおふたり。家族に対するコ...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

nzmt_i2o3 この2人の組み合わせが待望すぎて 2年以上前 replyretweetfavorite

consaba 矢島光+かっぴー「『ROLA』に初めてマンガの持ち込みをしたとき、編集の方に「ギャグマンガは向いてない、つまんない」って一蹴されて(笑)」 天才になれなかったすべての人を肯定したい(構成:鈴木梢)| 2年以上前 replyretweetfavorite

sharuka0 構成あこさんだ 2年以上前 replyretweetfavorite

takatoshi_yama 「彼女のいる彼氏」は読んでなかったけど気になった。探そう。 2年以上前 replyretweetfavorite