トランプ大統領誕生の失意をどう受け止めるか

2016年11月9日、アメリカ大統領線が終結。差別や偏見と戦おうとするヒラリー支持者には受け入れがたい結果になりました。トランプ大統領誕生を、どのように受け止めたのでしょうか。
この連載をまるっと収録し、書き下ろしを加えた、電子書籍『やじうま観戦記』も好評発売中。アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんによる、アメリカ大統領選のやじうまレポートをお楽しみください。

トランプ大統領誕生対するヒラリー支持者たちの反応

私が住んでいるのは、アメリカで最もリベラルだと言われるマサチューセッツ州のボストン近郊なのでヒラリー支持者が多い。ニューハンプシャーでの地上戦に誘ってくれたのも、学校から偏見や差別をなくすために教師と親が協働する「反偏見委員会」で一緒に仕事をしたレイチェルという女性だった。


「ウォール街を占拠せよ」の思想的リーダーと言われる民主党のマサチューセッツ選出連邦上院議員のエリザベス・ウォーレンと

有名な選挙予測のサイトや機関のほとんどが80%以上の高い確率でヒラリー勝利を予測していたのだが、8時に開票が始まったフロリダの状況を見たとき、私も知人たちも悪い予感を覚え始めた。

郡のレベルで、人口動態と世論調査の結果から綿密に計算された予測と大きく異るのだ。これまで世論調査や統計を継続的に見てきた人たちは、9時半の時点でトランプが勝つ確率のほうが高くなったことを感じたはずだ。それからトランプ当確の結果が出るまでの4時間は、出口がないトンネルのように感じた。

だが、それからすぐに就寝するわけにもいかない。結果が出てすぐに「トランプを勝利させた「白人対マイノリティ」の人種ファクター」という記事を書き、それから寝ようと思ったのだが、睡眠不足にもかかわらず眠れない。そこで、おとぎ話を元にした児童書ファンタジーの洋書をオーディオブックで聴きながら眠ることにした。余計なことを考えずに気持ちを明るくしようと思ったのだ。

寝落ちできたのはいいのだが、2時間後に「近づく人をうまい言葉で騙す魔術を持つ継母」が出てきて目が覚めた。オーディオブックを止めてもう一度寝ようとしたところ、娘から電話がかかってきた。どうも泣いているような声だ。

彼女もニューハンプシャー州でヒラリーのためにドアを叩く地上戦に参加していたので、心情的にヒラリーに入れ込んでいたのだ。「女性やマイノリティやLGBTQへの差別に対して、私たちはこれからどう闘っていけばいいのか?」と言う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大統領選がわかる、楽しめる! この連載が書下ろしを加え、電子書籍になりました!

この連載について

初回を読む
アメリカ大統領選、やじうま観戦記!

渡辺由佳里

みなさん、2016年は4年に一度の祭典、オリンピック!ではなく、いいや「アメリカ合衆国大統領選挙」の年です。世界情勢にもつよい影響をおよぼす、オバマ大統領につづく大統領は誰なのか? アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、このビッグイベ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

RieDorji 現経済モデルに限界を感じた人はとても誘導的な言葉に気持ちを傾ける。第二次世界大戦前のドイツの様に。 7ヶ月前 replyretweetfavorite

muku_dori_ ヒラリーのこの表情、本当に何ともいえず何度見てもすばらしいと思う 7ヶ月前 replyretweetfavorite

jetage63 ふとジョニ・ミッチェルは今回のことをどう思ってるんだろうって思った。 7ヶ月前 replyretweetfavorite