チェルシーの夜」左ききのエレン|28話

ニューヨークに渡って半年、さゆりのもと、エレンはのびのびと創作活動を続けていた。だが、いまのエレンの絵には何かが足りない。そう感じたさゆりは、エレンを「本物の才能」と出会わせようと、ある人物の個展に連れ出すが……。
「フェイスブックポリス」で一躍話題になり、「cakesクリエイターコンテスト」で特賞を受賞した、かっぴーさん初の長編マンガです。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
左ききのエレン

かっぴー

天才になれなかったすべての人へーー。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だが……。「フェイスブックポリス」で一躍話題になったかっぴーさんが挑戦する、初の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

BORNh41208 |左ききのエレン|かっぴー|cakes(ケイクス) おお( ゚д゚)エレン…… やはり面白い! https://t.co/BLKtBbUgr2 5年弱前 replyretweetfavorite

ackey518 なんか絵がかわった! 6年弱前 replyretweetfavorite

o3o3 NYでめちゃさゆりがいい女になってる…!→ 6年弱前 replyretweetfavorite

mc_oO0 展開早えぇw 6年弱前 replyretweetfavorite