働かざる者も別に食ってよくね

私たちは仕事をお休みして旅行に行く時に必ず「大変申し訳ありません」と上司や仕事相手に必ず頭を下げてしまいます。休むのは悪い事ではないはずなのに、謝ってしまうのはなぜなのでしょうか。牧村さん自身も、休むことに罪悪感を覚えてしまうそうで……?

7月のこと。パリ・シャルルドゴール空港の検問には、ものすごい数の人が並んでいた。

その数、およそ「全校集会かよwwww」レベル。数える気も起こらないけど、600人とか700人とかいたと思う。7月だから、ヨーロッパではそろそろ、バカンスに入る人も出てくる時期なのだ。

そして、その600人とか700人とかのみんながもう超緊急みたいな顔をしていた。とてもオシャレだがトイレ行きたさを隠せなくなってるムッシュ。ちょうど親の膝の裏に頭を持たせかけて寝はじめるキッズ。膝カックン状態のママンは乗換のeチケットを手にイライラしている。私もまた、パリに住む義理の祖父(cakesにも出てくるルネおじいちゃん)との約束の時間が迫っていて焦っている。想像してみて欲しい。そんなわさわさした数百人を、いったい何人の入国審査官がさばいていたと思われるだろうか。

2人だ。

ふたりwwwwwうははwwwwwwふたりwwwwwwwwwと私は爆笑するほかない。12時間エコノミー席に詰め込まれた後のテンションで爆笑するほかない。腰が痛い。ほぼ永遠じゃねコレみたいな時間を待ったあとやっとパスポートにスタンプを押され、ふたりwwwwwwwwうははwwwwwなぜふたりwwwwwwとひとしきりウケたあと、私は悟った。このバカンス時期の大混雑をさばく入国審査官が、なぜ、ああ、いったいなぜ、たったの2人しかいないのか。

入国審査官たちもバカンス中だからである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
女と結婚した女だけど質問ある?

牧村朝子

フランス人女性と同性結婚をした牧村朝子さん。彼女が自らのレズビアンとしての経験を生かしてつづった新書『百合のリアル』(星海社新書)は、人間の性についてのあり方に悩んでいる人にエールを送る内容で、好評を博しています。そんな牧村さんが『百...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

novl_h 本当そう思う。 9ヶ月前 replyretweetfavorite

4pct_4g 日本人って自分の時間の楽しみ方を知らんし身につけてもこんかったんやろな 9ヶ月前 replyretweetfavorite

nttakk 仕事上がるときもすみません、って言う人いるけど、そこ謝る必要ないよなと思って、私はすみませんを付けずにお先に失礼しますって言ってる 9ヶ月前 replyretweetfavorite

kanoisao 「休むことと、遊ぶことは、違うのだ。」にぐうの音も出ない… 言われてみればもうずっと休んでないわ…(-_-;) 9ヶ月前 replyretweetfavorite