おしえて北斎!

こわっ!教科書でおなじみ「麗子像」は、なぜ不気味なのか

今回の主人公は、なにかと"てんこりん"に突っかかってくるデッサンの鬼・狩野カノン。ある日、東京国立博物館に来たカノンは、岸田劉生(きしだ りゅうせい)の『麗子微笑』を見てその怖さに疑問を感じる。「彼には他にいくらでも写実的な絵があるのに、どうしてデッサンの狂った麗子像が代表作と言われているの?」そんなカノンの前に、突然『風神雷神図』の片割れ・風神が現れて……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

笑って、泣けて、ほんのり日本美術も学べる、爆笑コミック!

この連載について

初回を読む
おしえて北斎!

いわきりなおと

この物語は、ある女子高生が歴史上の絵師たちと交流し、やがて自身も天下を取ろうとした成長の記録であるーー。岡倉てんこりんは、将来立派な絵師になるのが夢の高校1年生。しかし彼女はサボってばかりのクズだった。そんな彼女にある夜、不思議なこと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

eeep3 https://t.co/oO0x7EqcZR 約1年前 replyretweetfavorite

hatena08311 何だこれw 煽りタイトルからの深さww 約1年前 replyretweetfavorite

mari_hassy 小学生の時TVで初めて麗子像見たときひっ…!となったし、寝るときまぶたの裏に出てきて寝れなかったよ → 約1年前 replyretweetfavorite

SanaWind_26 |いわきりなおと 「綺麗なだけの絵は記憶に残らない」 確かにそうだわ。 https://t.co/oh1nqDkx05 約1年前 replyretweetfavorite