桜ノ雨

第2回 春 音浜高校一年 鈴(リン)

幼なじみの蓮(レン)と共に音浜高校に入学した鈴(リン)。期待に胸を膨らませる鈴が出会ったものは…。

ボーカロイド楽曲の名曲「桜ノ雨」を原作にしたノベル第2弾『桜ノ雨 僕らが巡り逢えた奇跡』の発売を記念して、第1弾ノベル『桜ノ雨』の一部を公開します。
 


 ぱたたん、ってスリッパの音も軽やかにリビングに飛び込んだ。
「遅刻遅刻っ!」
 ぼすん、ってスクールバッグを椅子に投げた。とりあえず牛乳、かな。
「もう、鈴ったら」
 ちょうど洗い物を終えたらしい母は、手をふきながら呆れたようにアタシを見た。
「蓮くん、ずっと待ってるわよ」
「うっそ、上がってもらえばよかったのに」
「外がいいんだって」
「犬みたい。外で待ってるなんてさ」
 アタシはコップに注いだ牛乳を一息に飲み干した。カルシウム強化、みたいな牛乳モドキじゃなくて本当の牛乳だ。冷えているから、頭の中まで白く染まる気がする。
 父さんはもう家を出てしまったみたいだ。いつもアタシは遅刻寸前で、中学生の頃からそれがお約束みたいになっている。
 テーブルにぽつんと取り残されたトーストに、未練がましい視線を向けて、
「無理かな、時間すんげーやばいし」
「女の子が、すんげー、なんてはしたない」
 はしたないかな?
 しょうがない、トーストも髪のセットもあきらめよう。アタシはバッグのサイドポケットから、お気に入りの黄色のシュシュを取り出して左手首にはめた。
 ピンク系の色のほうが可愛いのかもしれないけど、アタシはお日様みたいな黄色が好きだし、ほかにも大事な理由がある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
桜ノ雨

スタジオ・ハードデラックス /藤田遼 /halyosy

「初音ミクたちが学園生活をしていたら――」 230万超の動画再生回数を誇るボーカロイド楽曲『桜ノ雨』のノベル化第2弾『桜ノ雨 僕らが巡り逢えた奇跡』が発売中!cakesでは、前作『桜ノ雨』の一部をご紹介します。(月・木更新) ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

PHPcomix cakes(ケイクス)では、『桜ノ雨』 約5年前 replyretweetfavorite