的中率バツグンの「こども大統領選挙」の結果は?

11月8日に迫るアメリカ大統領選ですが、一足先に子どもによる大統領選挙の結果がでました。高い的中率を誇るその結果はいかに。
この連載をまるっと収録し、書き下ろしを加えた、電子書籍『やじうま観戦記』も好評発売中。アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんによる、アメリカ大統領選のやじうまレポートをお楽しみください。

高い的中率の伝統行事「子ども大統領選挙」

アメリカには、子どもによる大統領選挙がある。
教材と児童書の大手出版社スコラスティックが行っている「ScholasticStudentVote」というもので、1940年から続くアメリカの伝統的行事だ。幼稚園から高校生までが投票でき、票は郵便で送るという方法だ。実際の選挙は11月上旬に行われるが、子どもの選挙は10月に結果が出る。

これがなぜ大人にも注目されているかというと、実際の大統領選の結果を高い確率で予測してきたからだ。

1940年に始まって以来、間違ったことは2回しかない。
1948年と60年だ。1948年の選挙では子どもたちは共和党のデューイーを選んだが、結果はハリー・トルーマンの勝利だった。1960年には子どもたちはリチャード・ニクソンを選んだが実際に勝ったのはジョン・F・ケネディだった。どちらも史上まれにみる「番狂わせ」といわれた選挙だった。

だが、1964年の選挙からはずっと正しく結果を予測してきたのだ。世論調査が非常に接近していた2012年のオバマ大統領(民主党)対ミット・ロムニー元マサチューセッツ知事(共和党)の選挙では、オバマ51%、ロムニー45%で、オバマの勝利を正しく予測した。勝敗を決める激戦州のオハイオ州とフロリダ州の結果まで一致していたのは目覚ましい。

なぜこれほど当たるのかというと、親の意見を反映しているからだろう。

家庭で大人たちが選挙や候補について語るのを、子どもたちは耳にしている。
「●●は嘘つきだ」「●●は信用できない」といった批判や、「●●は医療制度を変えてくれる」といったポジティブなものを、しっかり取り入れているのだ。

また、投票をするために子どもたちが親に大統領選について質問をするのも、親の意見を反映するきっかけになっている。「オバマってどんな人?」、「ミット・ロムニーっていい人なの?」と子どもに尋ねられたら、興味がない親でも調べて答える必要が出てくる。子どもが投票するのに親がしないわけにはいかない。そこで、子どもの票と親の票が一致するようになるのだ。

今年の子ども大統領選の結果は

2016年の子ども大統領選の結果はどうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大統領選がわかる、楽しめる! この連載が書下ろしを加え、電子書籍になりました!

この連載について

初回を読む
アメリカ大統領選、やじうま観戦記!

渡辺由佳里

みなさん、2016年は4年に一度の祭典、オリンピック!ではなく、いいや「アメリカ合衆国大統領選挙」の年です。世界情勢にもつよい影響をおよぼす、オバマ大統領につづく大統領は誰なのか? アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、このビッグイベ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yoshisukek 1948年からと1960年からの前後10年間、世界情勢がどんな感じだったのか、ちょっと調べてみよう。どんな出来事があったのか。いろいろ https://t.co/iP1QnBYL87 12ヶ月前 replyretweetfavorite

tenkyouin 親達は子供達の前で本音を言わなかったんだろうなあ。 12ヶ月前 replyretweetfavorite

Six315 (「子供投票」の話がほんとうだとすれば、トランプ氏の勝利は史上三回目の予測失敗になるわけだけど、そのへんはどんなふうに理解されているのだろう 参考:https://t.co/hTupVeSfr4) 12ヶ月前 replyretweetfavorite

seiya328 こども議会での結果と異なるのは1948,1960に続いて3回目らしい. https://t.co/oabKvmym50 12ヶ月前 replyretweetfavorite