鶴瓶のスケベ学

オモロイ家族のオモロイ思い出

鶴瓶さんは、五人兄弟の末っ子。大所帯の中でも、「一番おもしろくない」と言われるほど、ユニークな家族の中で育ったそうです。そんな家族の思い出の中で、鶴瓶さんに未だに根付いている2つの思い出とは。
芸歴40年を超える大御所芸人、笑福亭鶴瓶。還暦を過ぎた今も、若手にツッコまれ、イジられ、“笑われ”続けています。そんな鶴瓶さんの過剰なまでに「スケベ」な生き様へ迫る、てれびのスキマさん評伝コラムです。

奈良のある大きなホールでの独演会の時だった。
笑福亭鶴瓶が子供の頃のことを振り返り、「子供の頃は六軒長屋で……」と話し始めた。

「四軒や!」

すかさず奥の2階席から野次が飛んだ。
確かによく考えると四軒長屋だ。でもなんで知っているんだ。うろたえた鶴瓶はその声の主に尋ねた。すると2階席から思わぬ答えが返ってきた。

「おまえの姉や!」

会場は大爆笑だった。
実姉が鶴瓶に知らせることなくチケットを自分で買って来場していたのだ ※1

笑福亭鶴瓶のスケベな人となりに影響を色濃く与えたのは間違いなく彼の家族だ。

四軒長屋の5人きょうだいの末っ子

鶴瓶は5人きょうだいの末っ子として生まれ、その中で「一番おもしろくない」と言われるほど、ユニークな家族の中で育った。

12歳離れた一番上が長男。その下に3人の姉が続く。父は油絵を描いていた趣味人で、夢を追い職業を転々としていたが、鶴瓶が生まれた頃には梱包資材の店を営み、生活は安定していた。
母は困っている人がいたら放っておけない性格で、遠くまででかけ無償で納棺師のような仕事をしていた。鶴瓶は母が36歳の時の子供だった。

生家は大阪の下町にあった。3畳、6畳の2部屋と長細い3畳の台所と2畳の玄関があった。そこに祖母を含め8人が暮らしていた。父の趣味である油絵の匂いが染み付いた家だった。四軒の家が連なった長屋が、ズラリと並び、その前の路地では、いつも子供たちがワイワイと遊んでいたり、割烹着姿のおばちゃんたちが、長い立ち話に明け暮れているような庶民的な下町だった。

幼いときから鶴瓶は、近所のおばちゃんたちを見つけては「ええ天気ですね」と話しかけていくような大人びた子供だった。

鶴瓶に根付いた2つの家族の思い出

そんな鶴瓶には、子供時代、ある大きな悔恨の思いを抱かせた思い出がある。
クリスマスの頃だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakes連載を全面修正・加筆した、スケベで奥深い人生哲学が一冊になりました。

笑福亭鶴瓶論 (新潮新書)

戸部田誠(てれびのスキマ)
新潮社
2017-08-10

この連載について

初回を読む
鶴瓶のスケベ学

てれびのスキマ(戸部田誠)

芸歴40年を超える大御所芸人、笑福亭鶴瓶。還暦を過ぎた今も、若手にツッコまれ、イジられ、“笑われ”続けています。しかし、落語家なのにアフロヘアでデビュー、吉本と松竹の共演NGを破った明石家さんまさんとの交流、抗議を込めて生放送で股間を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

babamouth https://t.co/JzxFGySNFq 1年以上前 replyretweetfavorite

u5u 「cakes」連載の「鶴瓶のスケベ学」更新しました!鶴瓶のルーツとなった家族の素敵な話。鶴瓶「思えば、そのひと言に引っぱられて生きてきたのかもしれへんね」 1年以上前 replyretweetfavorite

danilo513 鶴瓶噺で池脇千鶴が母親役で、生でクリスマスツリーのエピソードを二人でやりましたね。 池脇千鶴は、影絵で芝居してました。 1年以上前 replyretweetfavorite

u5u 【告知】書きました! 1年以上前 replyretweetfavorite