婚活未経験の8割が誤解していること

大阪・梅田で婚活パーティーに参加している百鳥ユウカさん(34)。結婚適齢期やや上の男女が集められた、ホテルの一室を使って「フリータイムなし」の集団お見合い。パーティーに腰が引き気味に参加して、婚活の意味がわからないユウカさんは、幕田と衝突する。

規則正しいテンポで男が、ユウカの前に現れては消えていく。

運営側の合図とともに話が始まり、合図とともに話を終える。

とても、そんな要領よくいかないだろうと最初は思っていたが、人間はどんな状況にも馴れるものだ。

2、3人と話し終えると、誰もがこの窮屈なルールを苦とも思わずこなしていった。

1周目が終わると、いよいよ最終チェックの2回目が始まる。

ここまでの様子を簡単に説明すると、この婚活パーティーでは相手の男性陣を効率よくチェックするために、1人3分のフリートークを2回するシステムになっている。女性は半個室で固定され、男だけが回転寿しのネタのようにくるくるスペースからスペースに移動する。

ちなみに、この婚活パーティーのウリは、「フリータイムなし」だ。

パーテーションを取っ払ってフリータイムを作ってもいいのだろうが、誰と話したらいいかわからないし、どこに行けばいいかわからない。今どきの男の人は、自分から声をかけにいかなかったり、女の人は誰かに声をかけられるのをずっと待っていたり、フリータイムなのにうまく活用ができないことが多いのだそうだ。それで、こういうスタイルが一番人気があるらしい。

そりゃ初対面同士だし、これまで長い長いフリータイムも活用できなかったんだからとユウカは妙に納得した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

c_manami_001 「一番核心をつく言葉」が凄い…なるほど。でも、結婚してもそれが続くかはわからないのは変わらないと思うの。 3年以上前 replyretweetfavorite

kthkr0214 |菅沙絵|結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜 ああ…心がザワザワしてしまう。もう現実を見せないで!見たくない!と思いつつ毎週見てしまう。ユウカさん、がんばれ…! https://t.co/8JDfqubsEW 3年以上前 replyretweetfavorite

luckyandrich1 https://t.co/0GD4jmZPbS 結婚しても 死ぬ時は1人だし 家族が死ぬ悲しみを増やす必要があるのかわからない。 人はみんな死んでしまうからなあ〜 人工知能の方が死ななくて安心 3年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 菅沙絵@sae20160325 https://t.co/CjSXOJH8hr 安定を求めてるだけの結婚は絶対にしたくない。 安定を求めて妥協とか、ほんとあり得ない。 私の未来は世界が羨むものに… https://t.co/iBUDMxhlxJ 3年以上前 replyretweetfavorite