説得力を失ったヒットチャートを復活させる方法

オリコンランキングから流行が見えづらくなった時代に、ビルボードは「複合チャート」をもって対応しようとしています。その設計思想とはどんなものなのでしょうか?
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす新刊『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。11月15日の発売に先駆け、その内容を特別先行掲載します(平日毎日更新)。

ビルボードが「複合チャート」にこだわる理由

 一方、オリコンとは全く違った形で、今の時代に対応したヒットチャートを打ち出しているのがビルボードだ。

 ビルボードはCDの売り上げだけではなく様々な指標を合算した複合チャートとして「ジャパンHot 100」を発表している。アメリカで最も権威あるヒットチャートと言われる「Hot 100」の日本版だ。

 100年以上の歴史を持ち、エルヴィス・プレスリー、ビートルズ、マイケル・ジャクソンからジャスティン・ビーバーまで数々の「全米1位」を報じてきたビルボード。
 日本では2006年に株式会社阪神コンテンツリンクがそのライセンス契約を取得し「ビルボード・ジャパン」を開設、2008年に「ジャパンHot 100」をスタートさせた。当時からチャート・ディレクターを務める同社の礒崎誠二は、そのチャート設計思想を次のように語る。

 「アメリカの『Hot 100』は、設立当初から複合チャートとして作られているものなんです。1958年に始まった時は、レコードの売り上げ、ラジオのオンエア回数、ジュークボックスの再生回数を合算したチャートでした。その後も、時代に応じてさまざまな指標を取り入れたり、外したりしてきた。

 つまり、『ジャパンHot 100』を名乗るためには、各種データを合算した複合チャートでなければならないというルールがあったのです。『Hot 100』は、シングルのセールスランキングではなく、あくまで楽曲の複合型ヒットチャートという発想で作っているランキングなんですね」

 当初はCDのセールス枚数とラジオのオンエア回数を合算することから始まった「ジャパンHot 100」は、その後2010年にEC(電子商取引)サイトの実売数とiTunesのダウンロード販売数を加えて「パッケージ・エアプレイ・デジタル」の3指標によるチャートにリニューアルし、2013年には、ツイッターでのアーティスト名・楽曲名のツイート回数、ルックアップ(PCによるCD読み込み)回数をチャート指標に加えた。

 「僕らはツイッターのデータから『楽曲がどれくらい話題になっているのか』を測っています。その回数から、レコード会社やメディアやアーティスト、そしてユーザー自身による発信がどのようにリアクションを集めているかを測定することができる。

 ルックアップは、購入だけでなくレンタルや友達との貸し借りも含めて、CDを入手した人が実際にそれをPCに読み込ませた回数がわかる。ユーザーのアクティビティが見えてくるのです」

 さらに2015年にはYouTubeのミュージックビデオ再生回数(2016年よりGYAO!のデータも追加)、歌詞表示回数から推定したストリーミングサービス再生回数を加え、計7種類のデータを独自の係数で集計した「総合ヒットチャート」となった。

 「今の時代、動画サイトでミュージックビデオを観るというのは、音楽に接触する主な方法の一つになっています。なので、その再生回数のデータを合算するのはとても有効なことでした」

 ちなみに、本国アメリカの「Hot 100」と日本では、使用されているデータはかなり違う。アメリカではスポティファイやアップル・ミュージックなどのストリーミングサービスの再生回数がかなりの割合で加味されている。

 では、なぜビルボードはチャートのリニューアルを繰り返してきたのか。指標に用いるデータはどんな判断で加えているのか。礒崎はこう続ける。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

激変する音楽業界、「国民的ヒット曲」はもう生まれないのか?

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ochy_y 読まねば。 1年以上前 replyretweetfavorite

Coffy10123 Billboard Japan Hit 100でDa-iCEの『恋ごころ』が5位だったときのチャートの画像が使われてる。 https://t.co/LW5T6ohLQH 1年以上前 replyretweetfavorite

0501Can @shiba710さんから @cakes_PR @oricon #ORICON #オリコン @Billboard_JAPAN #JAPANHOT100 1年以上前 replyretweetfavorite

konno108 『あくまで「枚数」の正確さにこだわるのがオリコン、そして多種多様のデータを用いて説得力のある「指数」を編み出しているのがビルボード』 1年以上前 replyretweetfavorite