オリコンランキングから消えた「本当の流行歌」

「CDは売れないがアーティストは生き残る」時代となった音楽シーンの現在。そんな10年代のヒットチャートを巡る状況はどうなっているのでしょうか? そこには異様な光景が広がっています。
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす新刊『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。11月15日の発売に先駆け、その内容を特別先行掲載します(平日毎日更新)。

異様な10年代の年間チャート

第一章では、「CDは売れないがアーティストは生き残る」時代となった音楽シーンの現在の状況を、マーケットの構造の変化、そして小室哲哉といきものがかり・水野良樹の発言から読み解いていった。

 音楽ソフト市場は低迷し、90年代のCDバブルの時代は完全に過去のものとなった。しかしその一方、ライブやコンサートの動員増が象徴するように、音楽を「体験すること」への興味と需要はいまだ大きい。

 マスメディアの影響力は小さくなったが、YouTubeとSNSがアーティストとファンがつながるためのプラットフォームとなった。DIYで長くキャリアを重ねることのできるアーティストは増えた。そういう音楽業界の状況は「厳しくなった」のではなく、むしろ「健全になった」と捉える方が正しいだろう。

 ただ、その一方で、10年代はヒット曲の生まれづらい時代となった。
 では、そんな10年代のヒットチャートを巡る状況はどうなったのか?

 まず、2011年から2015年にかけてのオリコンの年間シングルランキングTOP5は、次のようになっている。

 一目瞭然の結果だ。2013年のEXILE、2015年のSKE48を除き、すべての年の1位から5位までをAKB48が独占している。これは明らかに異様な状態だろう。
 よく知られているように、この結果は、一部のファンが同じCDを複数枚購入することによって実現したものだ。

 AKB48関連のグループのCDには、メンバーとの「握手会」に参加できる握手券や、選抜メンバーを決める「シングル選抜総選挙」の投票券が封入されている。それを求めてファンは複数枚のCDを購入し、そのことがセールスを押し上げる。コアなファンは何枚、何十枚、時には何百枚ものCDを買うようになった。
 こうした状況を揶揄する「AKB商法」という言葉も広まった。
 その詳細は、さやわか『AKB商法とは何だったのか』や、それに加筆した『僕たちとアイドルの時代』(星海社)に譲る。

 こうしたやり方には批判もあるが、そのこと自体の是非についてここでは論評しない。
 ただ、少なくとも言えるのは、10年代に入ってから「CDがたくさん売れること」と「曲が流行っていること」が必ずしもイコールではなくなった、ということだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

いま「流行」はどこにあるのか?

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mmy21627424 是非ご覧になってくださいまし(^-^) https://t.co/U8xS48h9KR 約1年前 replyretweetfavorite

98PinkSpider いっそのこと、特典付きCDとCDのみを分けてランキング形式にすべき。好きな人には悪いけどAKBが登場してからオリコンランキングは崩壊した。 1年以上前 replyretweetfavorite

SG_NiAGARA_VOX オリコンランキングの上位を獲得するための商法を取り入れるのは一世代前のプロデューサーのやることなのだろう。 1年以上前 replyretweetfavorite

musevanreyback 「10年代に入ってから「CDがたくさん売れること」と「曲が流行っていること」が必ずしもイコールではなくなった…」 1年以上前 replyretweetfavorite