​男色で懲役刑!? オスカー・ワイルドの愛と悲劇【後篇】

19世紀イギリスで天才小説家の名をほしいままにした唯美主義の王子オスカー・ワイルド。しかし、美少年を愛した彼は「少年を誘惑した」という罪で法廷に引き出されることになります。古代ギリシャ以来のヨーロッパの男同士の愛、それが断罪される瞬間とは!?『劉邦の宦官』や『九度山秘録』で話題の、新進気鋭の歴史小説家・黒澤はゆまが、歴史のなかの美少年を追って世界中を飛び回る人気コラム!

男色家の息子は許さない!?クイーンズベリー侯爵

ワイルドとアルフレッドの前に立ちはだかったのは、アルフレッドの父親、クイーンズベリー侯爵でした。

クイーンズベリー侯爵は無教養で傲慢でがさつと、貴族的なところは欠片もないくせに、外聞を人一倍気にする人で、3男のアルフレッドとワイルドとの醜聞は悩みの種でした。

それでなくとも、クイーンズベリー侯爵の一族というのは、スキャンダルにまみれた家系だったのです。クイーンズベリー侯爵の父(アルフレッドの祖父)は自殺を疑われる不審死を遂げ、兄弟の一人は妹に近親相姦じみた執着を見せた果てに、彼女が結婚すると心を病み、幼女誘拐未遂事件などを起こしたあげくこれまた自殺してしまいました。

さらには、アルフレッドの兄、フランシスも一八九四年に狩猟中、不審な事故で亡くなっているのですが、彼には生前、首相のアーチボルドと同性愛関係だったという噂がありました。

クイーンズベリー侯爵はこれ以上家名を汚すわけにはいかないと考えたようです。

まずは息子のアルフレッドにワイルドと付き合うのをやめるように手紙を送ったのですが、もともと不仲だった親子はたちまち大喧嘩。二人は、血がつながっているとは思えない呪詛のような言葉を手紙上で投げつけ合います。

息子が「あなたは実に笑うべき器の小さい人間だ」と言えば、父親も「鞭でぶちのめしてやる」と返しました。

さらに父親がワイルドとアルフレッドのことを「とんでもないスキャンダルにしてやる」とたたみかけると、アルフレッドは父親に「大嫌い」と書いた手紙を送り返し、「リボルバーを装填して」ワイルドの側につくと宣戦布告したのです。

これに父親も受けて立つのですが、そのとき書いた手紙の文面が、男色家が当時イギリスでどのように見られていたか端的に分かる内容になっています。

彼は実の息子に「みじめな生き物へ(You miserable creature)」と宛名し、さらにアルフレッドの最愛の母親と離婚した理由について「お前のような生き物をこの世に再び送り込ませないため」と書きました。そして、とどめに「本当に苦く恥に満ちた涙をお前のために流したもんだ。お前のような生き物を、心ならずもこの世界に呼び込んでしまったんだからな……」と記したのです。

一方、ワイルドもクイーンズベリー侯爵からはひどい被害を受けていました。

拳闘士を自宅へ差し向けられたり、舞台に腐った野菜を投げつけられかけたり……極めつけは、自分のクラブでくつろいでいたところを、クイーンズベリー自らの急襲を受けたことで、わざわざ「男色家気取りのオスカー・ワイルドへ(For Oscar Wilde posing as a somdomite)」と書かれた名刺を渡されました。ただ、肝心な男色家を意味するソドミー(sodomite)のスペルがsomdomiteと間違っていて、この辺り、侯爵の粗雑な人間性が垣間見えるようです。

度重なるいやがらせに業を煮やしたワイルドは、名誉毀損でクイーンズベリーを訴えることを検討します。しかし、裁判では当然事実関係を調べられるわけで、ワイルドにとっては危険な諸刃の剣でした。他の恋人たちロバート・ロスなどは大反対。しかし、父親の暴言に怒り心頭のアルフレッドがワイルドをそそのかします。

結果、ついにワイルドは訴訟に踏み切ることになりました。当時の男色家にとって、裁判所の門をたたくことが地獄の門をたたくことと同意であることも知らずに……

イギリスの男色法規制の経緯とは!?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載が本になります!英雄と美少年の物語をこちらからどうぞ

なぜ闘う男は少年が好きなのか

黒澤 はゆま
ベストセラーズ
2017-03-18

この連載について

初回を読む
なぜ闘う男は少年が好きなのか?

黒澤はゆま

洋の東西を問わず、戦乱の時代に決まって栄えた<少年愛>。死を賭して戦う英雄の側近くに控える、あるいは金髪の、あるいはブラウンの、あるいは黒髪の少年たち――。戦士は少年に何を求め、少年は戦士に何を答えたのか。時に英雄を生むこともあった、...もっと読む

この連載の人気記事

関連キーワード

コメント

batanif 男色で懲役刑!? オスカー・ワイルドの愛と悲劇【後篇】|黒澤はゆま @hayumakurosawa | 約3年前 replyretweetfavorite

kani_kamaan 男色で懲役刑!? オスカー・ワイルドの愛と悲劇【後篇】|黒澤はゆま @hayumakurosawa | 約3年前 replyretweetfavorite

bus_gasbusgas 男色で懲役刑!? オスカー・ワイルドの愛と悲劇【後篇】|黒澤はゆま @hayumakurosawa | 約3年前 replyretweetfavorite

510Mimmy 男色で懲役刑!? オスカー・ワイルドの愛と悲劇【後篇】|黒澤はゆま @hayumakurosawa | 約3年前 replyretweetfavorite