結婚しなければ、とは思わない」20代パリジェンヌの結婚観

先週から始まったパリジャン十色の新シリーズ、テーマは「結婚」です。今週は、20代のパリジェンヌ4人に、「あなたは結婚すべきだと思いますか?」という質問をぶつけてみました。「事実婚」や「同性婚」という制度があるフランスだからこそ生まれる、日本ではなかなか考えつかない、新しい結婚に対する考え方や選択肢のヒントが見えてくるかもしれません。

新しくスタートしたパリジャン十色のテーマは「結婚」です。前回は「あなたはどうして結婚したいのですか?」という質問をいきなりぶつけさせてもらいました。そして同時に、自分を見失って苦しくなりがちな婚活で、そうならないための道標についてもご紹介したところです。

なかなか「婚活」という言葉が消え去らない日本ですが、一方のフランスには、そもそも「婚活」という言葉自体が存在しません。街を歩けばカップルだらけ、恋愛していない人なんていないんじゃないか?と思うほどアムールな人々で溢れたこの国では、結婚は一般的なものではないのです。

フランスでは、結婚以外に事実婚、同性婚など、パートナーになるための様々な選択肢が社会制度として整えられ、あらゆる愛の形があふれています。そういう理由もあってか、パリでは日本ほど「結婚しなければ」と焦る人が少ないと、私は感じています。

そこで今回、 パリの女性たちは実際、結婚についてどう思っているのかを知るべく、パリの路上で20代、30代の女性たちに話を聞いてみました。そもそも日本とは制度が違うフランスですが、だからこそ、私たち日本人が普段は考えつかないような、新しい考え方や選択肢のヒントが見えてくるかもしれません。

まずは、20代後半のパリジェンヌから紹介してみましょう。

「結婚しなければ、とは思わない」

左:Naïs(ナイス)さん、29歳、営業職 右 : Julie (ジュリ)さん、29歳、教職

— お二人は将来、結婚しなければいけないと感じますか?

ナイス・ジュリ いいえ。

— それは、どうしてですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shi_naoking55 ありがちな失敗だなぁ 日本人の 12ヶ月前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 中村綾花@ayakahan https://t.co/MWtU5ik2Kj フランスでは、結婚以外に事実婚、同性婚など、パートナーになるための様々な選択肢が社会制度として整えられ、あらゆる愛の形があふれています。 12ヶ月前 replyretweetfavorite

wackosato 世界中みな一緒だなと思うところがちらほら。 12ヶ月前 replyretweetfavorite

gattoliberoTW 『フランスには、そもそも「婚活」という言葉自体が存在しません。 結婚以外に事実婚、同性婚など、パートナーになるための様々な選択肢が社会制度として整えられ、あらゆる愛の形があふれています。』 @ayakahan | 12ヶ月前 replyretweetfavorite