あのこは貴族

婚約者に、知らない女の影

【第17回】
30歳までに結婚したいと願っていたのに、彼氏にフラれた華子。
急に人生の岐路に立たされ、焦りで頭がいっぱいに。
不毛なお見合いを繰り返し、ついに王子様にめぐり合ったが―。
気鋭の作家・山内マリコがアラサー女子の葛藤と解放を描く、渾身の長編小説。

 親族への挨拶という一大イベントを終え、華子は残りの正月休みをだらだらとうちで過ごしていた。バカ騒ぎに終始する正月特番を見ながら、買い込んだウェディング雑誌をめくる。25ansウェディング、CLASSY.Wedding、ELLE mariage……ドレスはどんなのにしようか、ブーケはどうしようか。華子はお姫様に憧れる少女のように胸を躍らせた。

 夜遅く、ベッドに横になってスタンドライトを消した瞬間、LINEの無料通話の着信音が鳴った。見ると、相楽さんからである。

 電話の向こうの相楽さんは、明らかに興奮していた。

「華子、いまなにしてた?」

「え、寝るとこだよ、なに?」

「いまから言う話聞いたら、眠れなくなるかもしれないけど、いい?」

 相楽さんときたら、脅かすような言い方である。

 問答無用で相楽さんは、ついさっき遭遇した出来事を話し出した。

 正月休み最後の日曜、相楽さんはさる有名ソムリエが主催している会員制のシャンパンパーティーで、ヴァイオリンを演奏するアルバイトをしていたという。六本木にあるレストランを貸し切って、国内では小売りされていないシャンパンを作り手を招いて味わおうという会である。いかにも酒好きといったバブルの残り香のする中高年もいれば、この手のパーティーに頻繁に顔を出しているようなモデルやグラビアアイドルの子たちも来ていたりと、なかなか華やかな雰囲気だった。そんな会で相楽さんはピアニストの子とペアを組み、二重奏を披露していたのだ。

 休憩中、相楽さんがお客に交じってシャンパンを呷ったり、ウェイターが運ぶオードブルをつまんだりしていると、こぎれいな女性がすーっと近づいて来て、こう話しかけた。

「素敵な演奏ですね。わたし、ヴァイオリンの生演奏をこんなに近くで聴いたのはじめてです。すごい鳥肌立った」

 彼女はそう言いながら、黒いワンピースドレスの袖をまくり上げ、腕をさすってみせる。

 相楽さんも気を良くして、ずいぶん話も弾んだそうだ。

 二人ともこのパーティーに参加していながら、どこか心の奥底では、ここへ来るような人種を軽蔑してもいて、アウトサイダーのような立ち位置であることが言葉の端から滲むので、相楽さんも「おお、仲間!」といった感じで、調子を合わせて盛り上がった。黒いワンピースドレスの彼女は、IT系の企業に勤めているらしかったが、「アプリとかも作ってるブラックなとこなんで」と自虐的だった。それから、本気なのか社交辞令なのか、

「もしよかったら、今度うちが主催するパーティーでも演奏してくれませんか?」
 などと言いながら、連絡先を差し出そうとしてきた。

 ところが彼女が持っているクラッチバッグの中に名刺入れは見つからず、
「あれ? ごめんなさい、どうしよう……。あ、LINEとか? でもいきなりLINE交換しようとか、ちょっと怪しいですよね……」
 などと笑っている。

「全然いいですよLINEで」

 相楽さんが言ったそのときだった。

 彼女の連れと思しき、背の高いハンサムな男性が、
「どうした?」
 と声をかけてきたのだった。

「あ、彼女に名刺渡したいんだけど、いま持ってなくて……」

 すると彼は胸ポケットをまさぐり、
「これの裏に書いたら?」
 自分の名刺とともに、モンブランのボールペンを彼女に差し出した。

 女はさらさらと名刺の裏に名前とアドレスを書き、相楽さんに渡した。

「その名刺のね、表を見たら、青木幸一郎って書いてあるじゃない! あたしもうビックリしちゃって、それで慌てて電話したんだけど、これって華子の婚約者だよね? ね?」

 相楽さんはまだ外にいるらしく、声を潜めながら、しかし大きく力を込めて言った。

「間違いないよ。その名刺にも弁護士って書いてあったし。ねえ、よく知らないけどさぁ、完全に恋人同士って感じがしたんだけど、その二人。華子、知ってた?」

 華子はガバリと身を起こし、

「知らないよ……なにそれ……全然知らない……ほんとに知らない」

 かすれた声で震えるように言った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
あのこは貴族

山内マリコ

東京生まれの華子は、箱入り娘として何不自由なく育ったが、20代後半で彼氏に振られ、初めて人生の岐路に立たされた。焦ってお見合いを重ねた末に、イケメン弁護士「青木幸一郎」と出会う。 一方、東京で働く美紀は地方生まれ。大学時代に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nerimarina おもしろくなってきた(⌒▽⌒) 3年以上前 replyretweetfavorite