財務省入省、そこで見た官僚の裏の顔

戦時下の、灯の消えたパリで生活を送るのは楽ではありませんでした。猛勉強の結果、派遣の非常勤講師から財務省に入省したルネおじいちゃん。新しい職場で思わぬ人物と出会います。そして財務省の中で行われていた危ない密会を目撃したルネおじいちゃんは、一体どうなってしまうのでしょうか。
牧村朝子さんによる渾身のノンフィクション連載です。(初回はこちら

「止まれ(Arrêt)!」
1944年、パリ7区バック通り。
フランスが自由を奪われていたころ—。

ルネ青年は自転車を駆って、ナチスドイツ兵の怒声を背中で聞いた。停止命令を聞いてなお、ペダルを蹴る足に力を込める。23歳、敗戦国フランスの元陸軍中尉。ナチスの命令に背くことが、何を意味するのか身をもって知っていた。それでも、止まらない。

「止まれと言っている!(J’ai dit “arrêt”!!)」

銃声。
悲鳴。

それは、警告射撃ではなかった。自分を狙った銃弾が、ビルの壁に穴を開けたことをルネ青年は感じとった。振り返りもしないまま。

撃たれるわけにはいかなかった。
止まるわけにもいかなかった。
なぜなら、彼には

「アラン・ポエール」

その名を呼ぶと、ルネおじいちゃんはパイプを口にし、ゆったりと煙を吸った。1944年のあの日、ナチスドイツの銃弾を自転車で振り切った青年は、「ルネおじいちゃん」と呼ばれるようになった今も朗々としたバリトンで話す。

「俺は見たんだ。奴の秘密を」

秘密、という言葉を潜ませ、ルネおじいちゃんはふわりと煙を吐く。専用の飾り箱に入った、高級品の煙草の葉。そのまろやかな香りの奥に、品のいいオードトワレが香る。

なんだか、映画を観ているような気持ちになる。目の前でパイプをくゆらせているルネおじいちゃんが、かつて、ナチスに抗う革命組織のメンバーだったなんて。日本人である自分のおじいちゃんが、ワイングラスやオードトワレやパイプにマッチで火をつける仕草から無縁だったことを考えても、私にはルネおじいちゃんが、異国の物語の主人公みたいに見えてしまうのだ。

「アラン・ポエール! 元大統領の?」

隣で私の妻が驚く。

「Oui(ああ)」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ルネおじいちゃんと世界大戦

牧村朝子

第二次世界大戦終戦から、今年で70年。「戦争」という言葉を聞いて、みなさんはどんなイメージを思い浮かべるでしょうか? 日本人にとっての戦争は、映画や教科書や遠い国のニュースの中のものとなりつつあります。そんな中、フランスで国際同性婚を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ksanada 再開を待っていたぞー 2年以上前 replyretweetfavorite

cwdeux ルネおじいちゃん、激動の財務省での日々ですな。 2年以上前 replyretweetfavorite

tipi012011 出来れば本にして欲しい。 2年以上前 replyretweetfavorite

makimuuuuuu 撃たれるわけにはいかなかった。 なぜなら、彼には—— ノンフィクション「 2年以上前 replyretweetfavorite