勝つ組織

第3回】ミスから何を学ぶか

人を育てて結果を出す、リーダーの覚悟と信念とは――サッカー女子日本代表、通称なでしこジャパンの佐々木則夫監督と、サッカー解説者の山本昌邦さんのお二人による対談を収めた『勝つ組織』。今回のcakesでは第2章「人材の育て方とチャレンジ精神」よりご紹介。

マイナスイメージは刷り込まない

佐々木 失敗を教訓にするのは悪くないのですが、記憶に刷り込んではいけませんね。
 たとえば、新商品の展示会で「前回のレイアウトはここがダメだった。照明の角度が良くないから商品が映えなかった」と上司が説明したとすると、部下の脳裏を過るのは悪かった記憶ばかりです。そこで「お客さんが商品を手に取りやすいレイアウトを考えよう。照明の角度も工夫すれば、さらに多くのお客さんがウチの商品に手を伸ばすはずだよ」と言えば、同じことがまったく違った印象で伝えられます。

山本 そうですね、サッカーでも同じです。「ここでミスをしたらすぐに失点につながるぞ」と言えば、選手は「ミスをしちゃいけない」という気持ちに凝り固まってしまう。
 逆に、「ここが勝負どころだぞ」と言えば、「よし、絶対に集中を緩めちゃいけない」と考える。マイナスのイメージばかりを徹底して勝利を引き寄せるようとするのは、非現実的と言わざるを得ません。とくに試合前のマネジメントでは、ポジティブな指標を与えるようにします。

佐々木 実は私には失敗がありましてね。男子の高校生年代を指導していた際に、上級生に遠慮がちな1年生がいたんです。攻撃のセンスには見どころがあるのですが、守備がいまひとつ物足りなかった。私は彼に、「守備をもっと頑張れ」と言い続けました。
 ある日の練習を、彼は欠席しました。翌日も、その翌日も姿を見せてくれない。どうしたのかと思って理由を聞きにいったところ、「佐々木さんとは一緒にサッカーをやりたくない。守備、守備、守備って怒られてばかりで、サッカーが楽しくない」と告げられたのです。申し訳ないことをしてしまった、という気持ちでいっぱいでした。

山本 いまなら絶対にやらない指導でしょうが。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
勝つ組織

佐々木則夫 /山本昌邦

サッカー女子日本代表も出場する国際試合「アルガルベカップ2013」。監督として個性豊かな選手たちをまとめ、世界一に導いた佐々木則夫氏と、現在はサッカー解説のほかビジネスマン向けの講演活動も行っていらっしゃる山本昌邦氏による、「本当に勝...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード